テーマ:その他

あの日を忘れない!

3月11日(水) 東日本大震災から4年を迎えました。 私の住む仙台市内は、被災した当時の面影はなく平穏な状態に戻りましたが、津波の被害を受けた海岸部の復興は捗らず、仮設住宅で不便な生活を余儀なくされている方々が大勢いますし、福島原発被害者の事を考えると心が痛みます。 ご紹介するTouTube【東日本大震災】『3.11~あの日を忘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行ってみたいョ~!究極のエコツアー!

スケールがデカイ!行ってみたいな~!夏とは違う、静寂な知床五湖を散策する、究極のエコツアーをご紹介します。(斜里観光協会さんHPから) ・冬の知床五湖は一体どうなってるの?  今年初実施のエコツアーを体験!←クリックしてね! 【知床・斜里観光協会さんHPから】 【 YouTube 厳冬期の知床五湖エコツアー】20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幌加内町で氷点下30.9度(2/4)

しばれる「立春」 「フロストフラワー」(霜の花)  忠別川にかかる「ツインハープ橋」下流側の川面の氷上に、水蒸気が急激に冷やされ花びらのように凍り付く「フロストフラワー」(霜の花)が広がった。 2月4日 道新夕刊 旭川版から 情報提供:taisethu-40さん 『フロストフラワー朱鞠内湖』のYouTubeです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青い池 冬も楽しんで!(動画)

美瑛町の「青い池」、今冬からライトアップされ幻想的!早くも冬の観光名所となっています。 湖面が青く見えることで人気の上川管内美瑛町白金の観光名所「青い池」で、雪で覆われた湖面のライトアップが12月20日から始まるのを前に、19日夜、試験点灯が行われた。白く凍った湖面が発光ダイオード(LED)のライトで青く照らされ、雪景の森に幻…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「朱鞠内湖 極寒ワカサギ釣り紀行」

全日本航空(ANA)機内誌「翼の王国1月号」に「極寒の朱鞠内湖」が紹介されています。 (出典:ANA機内誌「翼の王国」2015/1)                         資料提供:ANAセールス(株)仙台支店様            表紙イラストレーション=堀越千秋 【守田町長さんからのコメント】  …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

2014道新newsダイジェスト

新年最初の更新は、2014年道内のニュース、ダイジェスト版(YouTube)をご紹介したいと思います。         写真:優佳良織工芸館(ゆうからおり)にある「雪の美術館」         映画「アナと雪の女王」で脚光を浴びる(撮影2013.9) 世の中は変わりましたね~! パソコンやiPhoneで、北海道のニュース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒いそば(音威子府)

 黒いそばと言えば「音威子府そば」!【かみかわ「食と旅」/北海道上川総合振興局】さんのFBからご紹介します。 【大雪・天塩そば街道の旅】 音威子府村にある「一路食堂」さんをご紹介します。 旭川方面から国道40号線を北上し、音威子府村中心地へ入る手前左側に、このお店があります。 「音威子府そば」は、いまや全国的にも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平成25年度全麺協三段位決定紋別大会

平成25年8月25日、紋別そば打ち三段位認定会で幌加内高校生が、最優秀賞を取りました!!(守田町長FB)からご紹介します。 斎藤桜子さんは2年連続で高校生そば打ち選手権で優勝し、全麺協素人そば打ち三段位認定会で最優秀賞とは・・・二年後の四段位認定は間違いないでしょう。幌加内高校恐るべし。 岡山県立笠岡商工高等学校 鹿島克己さ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いもだんご

農繁期のお手伝い、休憩時間に出された「いもだんご」が美味しかった。 小学校時代住んでいた大曲地区、近くに2か所の澱粉工場がありました。 遊びに行くと15㎝四方程度の「ナマコ」(生粉)を薪ストーブの中に放り込み焼いたり、ストーブの上で焼いたりしてご馳走になった。 もう少し丁寧に説明すると、ナマコとは水分の含んだ澱粉の塊で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ドライブ」親の育った故郷へ

添牛内小学校の写真検索をしていて見つけたブログからご紹介します。 6年前のブログ書き込み、少々時間が経過していますが、昭和20年以前の添牛内の様子が綴られていて興味深いものがあります。 私の父は、夕張で生まれました。 小さい頃、じぃちゃんの仕事の都合で自分の生まれた、幌加内町 添牛内(そえうしない)と言う、集落へ、引越しし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北国の春(稚内)

平成25年5月26日、最北の地稚内から、全国で最後のさくら開花の便り、平年より12日遅いとのこと。 写真提供:稚内観光協会(稚内公園のエゾヤマザクラ)  某自動車会社セールス時代の2年間(昭和44年~)と、職業が変わって再度転勤で2年間(昭和62年~)、稚内で生活した事がありました。 冬季サハリンから吹き付ける寒風は冷たく…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北国の春(母子里編)①

故郷の雪融けを思い出すな~! 平成25年5月17日フェースブック「母子里クリスタルパーク」から 昨日、今日とようやく天気が良くなって、気温も上がってきました。 クリスタルパークの雪はまだ全体を覆っていますが、 ようやく木の根元から土が見えてきました。 5月17日現在、朱鞠内の積雪量34㎝、今年の雪融けは、かなり遅れ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

金鳳花(キンポウゲ)の新種発見

旭川市北邦野草園の堀江健二園長(66)が27年前、幌加内町で発見した植物が、キンポウゲ科の新種と確認されました。【北海道新聞記事より】 北海道新聞一面に、びっくりする記事が! キンポウゲの新種が幌加内で発見されたそうです。蛇紋岩の多い幌加内は植物にとって生育条件が悪いため、特異な植物が多いそうだ。これからも新発見があるかもしれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朱鞠内小学校(歩くスキー)

 【幌加内】町立朱鞠内小学校(若林徹校長)の児童9人が11日、歩くスキーで域内を散策した。  北空知新聞(Web版)平成25年3月20日付から  自然豊かな朱鞠内についてさらに理解を深めようと、体験学習の一環で企画した。  この日は、学校を出発した後、市街地を抜け、雨竜川の沢へ。2・5mほどの深雪の中、子どもたちは遠足気分で樹…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「宗谷岬」と「稚内北防波堤ドーム」

流氷とけて~♪ 春風吹いて~♪・・・・ 「宗谷岬の流氷」と「稚内北防波堤ドーム」の素敵な写真を、ご紹介します。 1968年から2年間、1983年から2年間の2回、稚内に住んでいました。 晴れた日は、小高い所にある稚内公園の展望台からサハリンが良く見え、双眼鏡で眺めると屋根の色まで確認出来る程です? 冬季間の宗谷地方は、厳しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春のあしおと!

散歩の途中で見かけた、咲き始めの「蝋梅」(ろうばい)です。この花が咲くと、もうすぐ春が来るよ! 添牛内では見かけなかった花ですネ。 たまには、小生の日常生活に触れてみたいと思います。 古希を過ぎ、足腰が弱くなって来たことと、糖尿病限界域と医者から言われ、週2~3回1時間半の散歩に出かけるのが、ここのところ習慣化してきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「幌加内そば店」出店(旭川雪まつり)

第54回「旭川冬まつり」が開催されています。 「幌加内そば店」が出店、盛況の様子ですよ![ほろかないPlus」(フェースブック)から、ご紹介します。(2013.1.10) 旭川冬まつりも残り、今日・明日の開催となりました。 昨日も寒い中、「幌加内そば店」には多くの方がお立ち寄りくださいました。 ☆関東圏…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

母子里クリスタルパーク②

母子里(もしり)クリスタルパークで、ライトアップ始まりました。 2月9日(土)まで、17:00~22:00の間ライトアップしています。 マイナス30℃、キーン・・・と音も凍るようなシバレ、幻想的な光景を思い浮かべています。 一度この時期、母子里に行ってみたいな~。 母子里クリステルパーク管理棟(フェースブックより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おそば屋さんの作る中華そば

前回ラーメン屋さんの作る「幌加内そばラーメン」を紹介した事がありますが、 今回はその逆バージョンで、おそば屋さんの作る「中華そば」、その名は「元祖鳥中華」なり。 将棋の駒で有名な、山形県天童市に、創業140年の歴史を誇る蕎麦処「手打水車生そば」と云うおそば屋さんがあります。 この地方「板そば」の名は、先代が製粉業の傍ら、板…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕎麦花如雪 平成24年8月

福島の子供たち、朱鞠内湖で遊ぶ 我らのふる里、幌加内町の「守谷秀生」町長、「広報ほろかない」に「蕎麦の花雪の如し」と題した、町長コラムが連載されています。 平成24年8月号、守谷町長のコラム「福島の子供たち」をご紹介します。 私のブログで取り上げたことがあります、福島第一原発事故被災地支援として「南相馬の子たちを、おもっき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南相馬のこどもたちを朱鞠内湖へ②と結果報告

「子どもたちを、おもいっきり外で、遊ばせてあげたい」 「土にふれ・水にふれ・友だちと一緒に自然のなかで、のびのびさせてあげたい」    南相馬出身の知人と我がふる里、幌加内町の繋がりで・・・・・NPO法人JIPPOでは今年も福島第一原発事故被災地の支援として、南相馬の子どもたちの野外活動を計画支援しています。  北海道の北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南相馬のこどもたちを朱鞠内湖へ①

こどもたちに夏休みの思い出を! 2012年夏キャンプ企画提供のお願い  ・・・『南相馬こどものつばさ』・・・  東日本大震災と福島原発事故から1年以上たった今も、福島県南相馬市に暮らすこどもたちは様々な制限の中、暮らしています。  『南相馬こどものつばさ』は、市内に暮らす小中学生の親たちを中心にNPO法人を立ち上げ、子ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道幌加内産そば処

東京JR池袋駅北口から600m程歩いたところに、そば処「北海道幌加内産」毎日手作りとの看板を掲げるお店がありました。 我が故郷産のそば粉を売り物にしているではありませんか。嬉しくなって暖簾をくぐる。(そば処 やぶ重) 店内に、日本一のそば処「北海道幌加内産」玄蕎麦契約店(JAきたそらち幌加内支所)のお墨付きがある。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more