添牛内開基百周年記念誌「礎」

添牛内の最初の入植は、明治44年(1911年)添牛内21線以南に、信州団体として、菊地辰三郎、今井覚次郎、杉原伝次郎、田村鉄吉、藤崎佐吉、増田逞祐、西川万太郎、竹原某、宇城某等の12戸が移住した。(幌加内村史から)
入植から100年の節目に発刊された記念誌「礎」は、既にご紹介しておりますが、折を見て更に詳しく更新したいと思います。

開基100周年.JPG

発行:2011年7月17日
編集:添牛内自治区開基100年記念誌事業協賛会
印刷:有)かとう印刷(旭川市)

"添牛内開基百周年記念誌「礎」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント