深名線「添牛内駅」回想編①

平成7年9月4日、深名線の廃線に伴い、添牛内駅も廃駅となりました。今はなき故郷のあの駅、思い出が沢山詰まった駅なのです。(旧添牛内駅舎は今も存在する)
残暑厳しい折、涼しげな写真を1枚!
画像

「通学列車」(上り)
昭和32年4月から1年間、添牛内駅5時19分発(上り)1番列車に揺られ、深川市内にある高等学校まで通学した、あの時の出発駅、当時は客車と貨物車が一緒になった「混合列車」で、途中主要駅で貨物の入れ替えをするのに時間を要し、68.6kmの区間を2時間36分も掛かって深川駅に到着する、今では考えられないほど、ゆったりした列車(汽車)でありました。
ちなみに2番列車はジーゼル車で、添牛内発6時42分・深川着8時30分、所要時間1時間45分と早いのですが、残念ながら学校の始業時間に間に合わなかった。

「なまら、しばれた!マイナス38度」
昭和33年厳寒の2月上旬、1番列車が故障(あまりの寒さで蒸気が上がらず)、2番列車(ジーゼル車)を待つ間、駅舎に備え付けの寒暖(温度)計を見てびっくり!
測定メモリの下限、マイナス30度を大幅に下回っている。駅員さんにお願いして物差しを借り測定すると、おおよそマイナス38度、これが我が人生で誇れる(?)体感最低気温であります。

写真:復刻版「幌加内」(伊丹恒)写真集、豪雪の添牛内駅

      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

knock
2012年08月30日 20:10
今日はすごく暑かったので、この写真でかなり
涼しくなりました。
2時間36分も…私も始発だったと思います。
1年の秋に旭川に転校するまで乗りました。
汽車の中では勉強しました。
akane-koh
2012年08月30日 21:10
knockさん
札幌も残暑厳しいようですね。
当時の時刻表見つけ所要時間を調べました。
往復の車中、勉強したのは同じです?
明日の今頃は、北海道に向かうフェリーの中にいます。
9月1日(土)苫小牧~札幌~納内~旭川(旭川泊)2日(日)添牛内に帰る予定です。
akane-koh
2012年08月30日 21:25
kumaさん
地震のお見舞い、TELありがとう。
昨年4月7日以来の比較的大きな揺れを感じました。
全く被害は有りませんが、いつ何時、何が起きるか分からない。2週間分の備蓄はバッチリです。
kuma
2012年08月31日 07:11
TVで宮城県全地域で震度5の地震があったとながれましたので「あれっ!またか」と思い心配しましたが問題なしと聞きまして安堵しました札幌も先日震度4の地震があり夜中でしたので一寸驚きましたが問題は有りませんでしたよ。

この記事へのトラックバック