テーマ:昔の添牛内

火の見櫓の上から①

北大演習林の半鐘(火の見櫓)から撮影した写真 2枚 ご紹介致します。(カムシュペ様のご投稿 1962年撮影) 度々コメントを頂いてます カムシュペさんから 凄~い写真が送らて来ました。 撮影は 1962年 半鐘の上から見た市街方面(上)と士別方面(下)です。 kumaさん半鐘に上ったときの記憶と同じですか? カム…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

添牛内郵便局と杉浦商店

添牛内のあゆみ「大正期の添牛内」に寄せられた、「ふわふわ」さんのコメントをご紹介します。  上の写真中央の建物は後の杉浦商店ですか?  杉浦商店の建物がかつては郵便局だったとの事で20年以上も昔、小学校向かいの杉浦商店に立ち寄った時に妻の杉浦貞子さんが建物を指差して「このへんに郵便局時代の名残がある」こんな事を教えてくれました。…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

添牛内神社祭

当時、添牛内神社の例祭は、毎年7月18日に行われていました。 この写真は、昭和31年か32年と思われます。 中学生が中心となって御神輿を担ぎ各家庭を回る、その後をお賽銭箱の担ぎ手が続く・・・。 休憩処で頂いた冷えたスイカとラムネが美味しかった! 凄く活気があり、とても楽しく、思い出でに残る行事でした。 前列右から5人目、丸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の遠足

「早雲内の滝」から連想される思い出「1番」は、遠足であります。 そこで遠足の写真を1枚! 春一番の楽しみ「春の遠足」 添牛内小第53回(中22回)卒、昭和37年(小学校2年生)当時の写真です。 楽しさが個々の表情に表れているではありませんか? 私写っていま~す・・・と云う方(この子知っていま~す)メッセージ下さい。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

懐かしい写真(スキー部)

昭和32年3月、添牛内中学校「スキー部」の写真です。 添牛内中学校10回卒業生が中心に、幌加内村内中学校対抗スキー大会において、優勝した時の記念写真です。(多分?) 当時ジャンプ競技に優秀な選手がいましたよ!。私は距離競技、今風に表現するとクロスカントリーで幌加内中の選手に次いで、2位だたと記憶しています。 この大会は北空知管…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

校門(旧添牛内小中校)②

平成24年7月21日、添牛内に立ち寄った方のホームページ【北海道日帰り温泉の旅】に添牛内小中学校の校門が紹介されていました。 幌加内町立添牛内小学校は大正3年4月1日開校、平成12年3月31日閉校とのことだ。 学校は閉校になったとは言え、昭和25年の建築物がそのまま残されているのも変化の早いこの時代に逆に素晴らしいことだと感じま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青春の思い出(青年団)

添牛内地区連合青年団の記念写真です。 戦後の青年団活動 昭和21年9月1日 幌加内村連合青年団の創立。  団員数1184名 (うち添牛内青年団251名) 昭和25年から30年までが、戦後青年活動の最盛期、黄金時代であった。 その後、指導者の固定化や団員数の減少、活動不参加と無関心等々で、昭和39年に幌加内連合青年団は、解…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

校章・校旗(添牛内小中学校)

氷点下41.2度、戦後の国内最寒記録を持つ、わが幌加内町母子里に、その記録を記念して作られた公園「母子里クリスタルパーク」があります。そのフェースブックより、添牛内小中学校の校章みたいな、美しい雪の結晶(写真)を見つけました。 この写真、フェースブック「母子里クリスタルパーク」に載っているのに、少々手を加えました。 (写…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

有線放送(添牛内農協)

 厳寒の添牛内では、小中学校の授業開始時間を遅らす特別措置があり、マイナス30度を超えると臨時休校となりました。  それを知らせる為、旧市街、新市街では旗が立てられましたが、大曲の学生(小学生時代まで大曲に住んでいた)には、どの様にして伝達したのでしょう。有線放送で知らせたのではないか?疑問に思い調べてみました。  kuma(忠彦)…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「思い出一番」極寒の朝

ふるさと添牛内「思い出一番」は、厳冬の朝であります。 シバレが厳しい朝、学校の始業時間を遅くする特別措置?があり、それを知らせる為、市街各所に旗を掲げました。 紫の旗は、1時間遅れ。水色の旗は、2時間遅れ。赤色の旗は、臨時休校、ここまでは記憶にありますが、その基準となる気温は、マイナス何度か?思い出せません。 ご存知の方、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

昭和7年「添牛内」商店一覧

昭和6年深名線が開通、添牛内駅の開設に伴い新市街が発展する。鉄道開通直後の昭和7年における商店(職種・商店主)を調べてみました。              写真は、昭和2年の添牛内旧市街地です。 昭和7年に、こんなに沢山のお店があったのに驚きます。馬具店・馬車屋・鍛冶屋・柾屋等々時代を反映していますね!   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

校門(旧添牛内小中学校)①

添牛内小中学校校舎は(昭和59年中学校)(平成12年小学校)閉校となり、今はありませんが、その面影を残す校門の写真を2枚紹介します。 2枚の写真は、ほぼ同じ方角から写しています。 (上)後ろに小さく写っている添牛内神社(赤茶色)は、(下)の写真では、当然雪に埋もれて見えません! 雪の添牛内小中学校、大曲から4kmスキーで通学し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北海道大学農学部付属雨竜演習林派出所

北海道大学農学部付属雨竜地方演習林派出所及び諸施設設備について、幌加内村史より抜粋。        写真:北海道大学演習林派出所(幌加内村史) 大正7年12月15日に大学8号植民地(添牛内駅より約2km)に雨竜演習林派出所を設置した。 この他に演習林内の4号植民地、三股、母子里の3箇所に看守所を置き、学生の実習施設として母…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

「行信寺」

添牛内駅より1.5㌔、大学演習林雨竜派出所に通る道路の途中の高台下に位置する。         写真出典:幌加内村史 宗   派  真宗出雲路派 本   尊  阿弥陀如来 寺号公称  昭和18年12月21日 開   基  泰円澄順教 創   立  明治45年8月23日 住   職  泰円澄教聴 由   緒  明治…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

深名線「添牛内駅」回想⑤

懐かしい添牛内駅の入場券(切符)を見つけました。 昭和38年3月20日付 添牛内駅普通入場券 この当時は10円であったが、昭和44年1月21日付では、20円になっている。 昭和38年は「添牛内驛」、昭和44年では「添牛内駅」となる。 政和から添牛内行の乗車券、これはいつの頃でしょうか?
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

深名線「添牛内駅」回想(④

増田種祐氏とその家族 復刻版写真集「幌加内」より 中央にいる種祐氏の父・ 逞祐氏は添牛内地区最初の開拓団の一員として明治44~45年頃、九州から入植した。 しかし、農業の後継者がいないため種祐氏は添牛内を離れることとなり、旧盆に道内各地や東京から、子供たちが生家に集まった。(添牛内駅)伊丹恒氏(撮影・文) いつ撮影された写…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

深名線「添牛内駅」回想③

夏の添牛内駅、待合室から 今はなき添牛内駅、写っている方は、どなたでしょうか?お母さんとお嬢さん二人、旅行に行かれるのでしょうか? ご本人、お知り合いの方、教えて下さい。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北大演習林事務所

1976年(昭和44年)北大演習林事務所が閉鎖され、名寄市に移転しました。 札幌のKUMAさん当時の写真と思いますが?如何でしょう! 現在の航空写真です。(Googleから) 北大演習林跡は現在、小川牧場(牧場主:小川雅昭様)になっています。 小川雅昭さんは、添牛内自治区長であり、又幌加内町議議長として活躍さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

市街地の住宅地図(昭和29年作成)

第8回添牛内校同窓生親睦会の冊子に、懐かしい地図が載っていましたの紹介致します。 昭和29年7月現在の地図です。小生、小学校6年生、この地図を見るとその頃のことがとても懐かしく思い出されます。 平成21年6月現在の添牛内自治区地図です。 平成24年1月現在、現在の添牛内自治区の在住者現況地図(14戸) 提供は、今井正…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more