テーマ:深名線

思い出の駅舎 旧JR深名線

旧深名線の駅舎をスケッチした、素敵な「絵はがき」を頂きました。 一番お世話になった「添牛内駅」を筆頭に、深名線全駅をご紹介いたします。   車窓からのぞく深名線 石狩平野の北端、「深川」から、函館本線を右に見ながら「円山」へ。 上り勾配1000分の20の山地へ入りトンネルを抜けると「上多度志」 遠く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧深名線の駅

北海道新聞 2017年10月3日「風のいろ 北のみち」(植松佳弘氏 撮影行)に、旧深名線の二駅「沼牛駅」「天塩弥生駅」が紹介されていました。  人生の道草 一人また一人  鉄路は消えた。それでも駅は生まれ変わり、人は集う。かってJRで「日本一の赤字ローカル線」だった旧深名線(深川-名寄)。120㌔を超える長大路線だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思い出のキマロキ(動画)

キマロキよ永遠なれ! dorameko-28さん制作 懐かしき深名線の記憶が甦る 「思い出のキマロキ」 (YouYube)をご紹介します。 平成26年2月25日(火) dorameko-28さんから嬉しいメールが届きました。(全文紹介)  キマロキの動画見せていただきました。ありがとうございます。  実は私も、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪と闘う キマロキ(動画)

本州の雪害は予想を超えています。北海道でも暴風雪注意報が出ています。外出にご注意を!(2014.2.17 23:10)雪害と云えば子供の頃、添牛内でも猛吹雪で、線路上に吹き溜まりが出来、列車が1週間ほど不通になった記憶があります。(記憶が正しければ・・・いつの年かな~) 線路上を粗方、人力で除雪し、その後に機関車+マックレー車が雪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続:添牛内駅

またまた、旧添牛内駅の写真を! 静かに、ゆっくり、ゆっくり降る雪に・・・なんとも暖かい感じがする!降雪初めの頃かな~! 皆様の感想は、如何でしょう? ・・・庇の右側が欠けている・・・ (真冬)夜の旧添牛内駅、写真として残っているの珍しいと思います。 私の感想は、可成りキ~ンとシバレている感じ! 写真に写っている街灯、今で…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

豪雪の添牛内駅

復刻版 撮影集「幌加内」(伊丹恒さん)から「豪雪の添牛内駅」を、ご紹介します。 ・平成24年8月29日付マイブログ、深名線「添牛内駅」回想編①から 平成7年9月4日、深名線の廃線に伴い、添牛内駅も廃駅となりました。今はなき故郷のあの駅、思い出が沢山詰まった駅なのです。(旧添牛内駅舎は今も存在する) 残暑厳しい折、涼しげ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

旧深名線第三橋梁保存会10周年記念

平成25年10月25日 旧JR深名線第三雨竜川橋梁保存会創立10周年記念集会の会場から、守田町長FBより  旧JR深名線第三雨竜川橋梁保存会創立10周年記念集会が開催されています。  この橋梁は昭和初期に完成した鉄道橋で日本土木学会の選奨土木遺産に指定されています。保存会の皆さんの尽力でこれまで環境整備、雪降ろしなどが行われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧深名線鉄橋守り10年

平成25年10月24日 道新朝刊から・・・Doranako-28さんの投稿です。 ・・・幌加内 保存会があす記念式典・・・ 平成25年10月25日、午後1時から橋梁前で記念撮影の後、政和地区のコミュニティーセンターで記念式典や進藤義郎・土木学会道支部顧問らによるシンポジウムを開く。 2004年(平成16年)撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧国鉄「深名線回想」春編

旧国鉄「深名線」政和~添牛内間の写真をご紹介します。 深川の高校まで通学したあの時代を思い出す、我が故郷の素敵な写真です。 新緑の旧国鉄深名線、政和~添牛内間、バックに写っているのは、もしかして相雲内岳では・・・? 写真:衣斐隆氏「深名線四季帖」から
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JR北海道バス深名線

鉄道にかわる地域の足として深川~名寄間を結ぶ、【JR北海道バス深名線】をご紹介します。 【バス&鉄道セレガーラのブログ】(平成25年4月24日)から 赤字路線で有名なJR北海道バス深名線ですが、昨年この路線に新車が入りました。 ジェイアール北海道バス深川営業所の日野メルファです。この路線に新車が投入されるとは思ってもい…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

北国の春(札幌・さくら開花)

5月13日(月)札幌から桜開花の便り、北海道はこれからが春本番、良い季節を迎えますね。 この写真は、旧深名線、添牛内~共栄間で撮影されたものです。 残雪の山、何とも懐かしい!小学生時代住んで居た大曲から見てた山並みだ! 写真:ebitks-photo.net「深名線四季帳」から 【カタクリの花】この写真は「広報ほろかない」か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鉄道で旅する(深名線)

「鉄道で旅する」北海道2013.春号から 添牛内のそば処「霧立亭」が紹介されています。 ・・・廃線跡探訪レポート・・・ 豪雪地帯のライフラインだった「深名線」 1995年(平成7年)9月4日、全線121.8㎞のローカル線がその役割を終えた。 国鉄時代に赤字ローカル線ワースト10にいつも名を連ねていながら廃線にならなかっ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

旧JR深名線 第三雨竜川橋梁 雪下ろし

春めいた日差しの下で行われた、旧JR深名線 第三雨竜川橋梁の雪下ろし作業風景です。 平成25年3月1日付、「北海道新聞朝刊旭川版」から、資料提供は大友要様(小40回)(旭川市)です。   【幌加内】町内政和地区に残る旧JR深名線(1995年廃止)最大の遺構「第3雨竜川橋梁(きょうりょう)」で27日、保存会役員が雪下ろし作業を行…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

深名線「朱鞠内」⑦

旧国鉄「深名線」添牛内から深川に通学していた、厳冬期を思い出す写真です。 昭和48年2月 朱鞠内構内(気動車) とても力強く、男性的なSLの写真、昭和48年2月 朱鞠内駅構内で撮影。 昭和35年3月高校を卒業後、最初の就職先が、旧国鉄深川機関区でした。少々SLに関わった私にとって、SLは旧友の存在です。 昭和38…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

深名線「添牛内駅」回想⑥

鷲尾静雄(昭和34年5月~昭和37年4月)校長とのお別れ。      写真提供:佐藤忞先生 (昭和37年4月)添牛内駅前、建物は、日本通運送です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深名線「添牛内駅」回想(④

増田種祐氏とその家族 復刻版写真集「幌加内」より 中央にいる種祐氏の父・ 逞祐氏は添牛内地区最初の開拓団の一員として明治44~45年頃、九州から入植した。 しかし、農業の後継者がいないため種祐氏は添牛内を離れることとなり、旧盆に道内各地や東京から、子供たちが生家に集まった。(添牛内駅)伊丹恒氏(撮影・文) いつ撮影された写…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

深名線「添牛内駅」回想③

夏の添牛内駅、待合室から 今はなき添牛内駅、写っている方は、どなたでしょうか?お母さんとお嬢さん二人、旅行に行かれるのでしょうか? ご本人、お知り合いの方、教えて下さい。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

深名線「添牛内駅」回想篇②

昭和30年頃の添牛内は豪雪地帯であったのです。 残暑厳しい折、もう1枚涼しげな写真と、涼しげな思い出を! その頃通学した深名線の列車(SL)は混合列車で、1車両に2個のダルマストーブが付いていた。   駅舎の屋根とプラットホームが雪で繋がっている。豪雪の添牛内駅 「通勤列車」(下り) 冬季シバレル時は、車掌さんが頻繁に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

深名線「添牛内駅」回想編①

平成7年9月4日、深名線の廃線に伴い、添牛内駅も廃駅となりました。今はなき故郷のあの駅、思い出が沢山詰まった駅なのです。(旧添牛内駅舎は今も存在する) 残暑厳しい折、涼しげな写真を1枚! 「通学列車」(上り) 昭和32年4月から1年間、添牛内駅5時19分発(上り)1番列車に揺られ、深川市内にある高等学校まで通学した、あの時の出…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

旧国鉄深名線「添牛内駅」

ふる里を離れ 本州に渡ってから26年 毎年8月お盆の頃 家族で添牛内に帰るのが 年中行事になっていますが・・・・・・ 今年は 私の住む仙台市 3.11大震災の被害を受け その後遺症か? 心身共に疲れ気味 いつも利用する仙台~苫小牧間 運行の太平洋フェリーも 仙台港湾施設が壊滅的状で運行再開が遅れ なかなか添牛内帰省の行動計画が立ち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more