北のそば王国、幌加内

ANA機内誌『翼の王国』 5月号に「幌加内そばの特集」が載っています。
(出典:ANA機内誌「翼の王国」2014/5)
画像


そばが教えてくれること

【北のそが王国、幌加内】
北海道の幌加内町は、町づくりの根幹に“そば”がある。
収穫し、粉にして、それぞれの家で打つ。
そばは、日々の営みと共に。

画像


ANAの機内誌「翼の王国5月号」で14ページの幌加内そば特集です!
ページですって(゚∀゚)すご~い!
機内誌って特別な空間で読むせいか、すご~く旅情をそそるんですよね♪
これを見て、幌加内を訪れて下さる方が増えるといいな~(´▽`)
(FB「幌加内plus」さんから)

画像高校生たちの“そば道場”
「そば打ち」は「人」を育てる

そばの生産地が温暖化と共に北上し、現在では幌加内町が生産地として最も有名になりつつある。
そして毎年行われる「そば祭り」で高校生によって振る舞われるそばが、とても旨いという話だった。
農業科がある幌加内町には畑があり、そばを栽培している。自分たちで生産したそば粉を使うこともある。

画像







画像




全国の仲間へ
届ける
ジャージ姿の 
職人のこだわり


45㎏を超える そば袋を軽々持ち上げて、トラックから降ろしていた坂本さん。
そばは人を健康にする。

現在、小型の石臼が9台。さらに2台を追加する予定の製粉所。
小規模だからこそ、ブレンドなど細かいオーダーに対応できる。

唸るコンバイン、延々と続くそば畑
画像
収穫された大量のそばの実は、日本一の規模を誇る農協の施設で、皮を剥かれ磨かれて、袋詰めされていく。実はまとめて粉にされて、「幌加内そば粉」として出荷されていく。

乾燥した状態で刈り取るために、収穫期の晴れ間はとても重要。
1ヵ月ほどの間に、すべてのそばを刈り取らなければいけないと北村さんは教えてくれた。

そば屋さんは この町の顔なんだ!
画像

自ら製粉までしているという。昨年は、ホロミノリという種の早かりがよかったとか。山本さんは、商工会の青年部にも属し、未来について熱く語ってくれた。

【霧立亭 tel.0165-37-2233】 【せい一 tel.0165-35-3646】

そばは家庭の味、幌加内の母の味
画像
北村そば製粉、自社で作っている乾そばを使った、そば稲荷とそば寿司。
美味しさの秘密を尋ねると、「やっぱり水も美味しから」と北村京子さん。



過疎の進んだ幌加内町が、そばのおかげか、少しずつ若い人が帰ってきているという。
そばは人を繋ぐ。今年も7月下旬には、真っ白なそばの花が咲き始める。




資料提供:ANAセールス(株)仙台支店様

"北のそば王国、幌加内" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント