コロナとお産 hitomi-53

「土田ひとみ」さま(旧姓:佐藤 添小53回生)が、北海道新聞「いずみ」欄に投稿されたエッセイをご紹介致します。 2020.6.23 北海道新聞「いずみ」欄から 情報提供:大友要さま(添小40回生)旭川市在住
コメント:0

続きを読むread more

懐かしい写真(添牛内旧市街2枚)

郵便局のお蕎麦屋さん「そば処霧立亭」山本さんのインスタグラムからご紹介致します。この写真は「霧立亭」の向かえにお住まいでした、冨田さんが所蔵アルバムの中の1枚だそうです。 何とも懐かしい写真なのですが、撮影された年代は?旧市街の何処からどの方向を写したのでしょうか?誰か教えて頂けませんか?    2020.6.25 isao-41…
コメント:4

続きを読むread more

駿府だより 2020.6.20

皆様、御無事でしょうか?コロナ禍で、うつ状態の中、木村慎吾先生の遺稿集に助けられました。コロナは怖いです。気を付けましょう。86歳を迎え、パソコンデビューを検討中。 ご家族の皆様のご健勝をお祈り致します。 2020.6.20 蓮枝
コメント:0

続きを読むread more

謎の物体!(仙台) 2020.6.17

6月17日(水)3時50分ころ起床 4時12分の日の出を拝み、ふと南の空を眺めると金色に輝く気球の様な物体が?早速、カメラを持ち出し撮影、東北放送(TBC)に送る。この物体は何ですか?朝7時の番組「ウォチみやぎ」で、この写真の紹介はあれど、その時点で物体は謎のまま!  以下、NHKの報道から引用します。(2020.6.17 17:…
コメント:0

続きを読むread more

添牛内だより 2020.6.15

6月15日、添牛内に行って来ました。 霧立亭のご主人から、草取りして、 外れたマルチ取り除きました。 との連絡も美枝ちゃんに入っていたし… 「月一行こうね」の計画実行🚙💨 往復7時間かけて… コスモス立派❣️になっていた🌸🌸 志々見さんの追肥も生きていたわ!青々してて… 美枝ちゃんの旦那様が耕運機でおこしてく…
コメント:0

続きを読むread more

添牛内だより 2020.6.14

写真:添牛内駅の前の消火栓 添牛内の月例訓練 コロナのお陰でしばらく管理できていなかった消火栓が無事水が出る事を確認できました!添牛内では、訓練の後、消防のこと、添牛内自治区のこと、住民のこと、沢山のことを話します。 めちゃくちゃ久しぶりに訓練が出来たので、自治区の状況も変化してます。当然のように、それぞれ溢れる思いの丈をぶち…
コメント:0

続きを読むread more

添牛内郵便局

開局:大正8年6月21日 初代局長:杉浦音吉(大正8年~昭和10年) 字添牛内市街地本通り4丁目7番地に3等郵便局として開設、郵政業務を開始する。集配区域は添牛内1線以北朱鞠内までで市街地は1回、添牛内1線方面は偶日、朱鞠内方面は3日に1回の集配とした。郵便物のてい送は人夫による3等てい送で剣淵・温根別経由で行っていた。 昭和10年…
コメント:0

続きを読むread more

最初の郵便局(幌加内町)

【最初の郵便局】 苦難を極めた開拓時代、娯楽も何もない生活の中で、故郷の肉親や友からの便りが随一の楽しみだった。しかし入植当時は郵便局もなく、明治34年、鷹泊に郵便局ができてから、3日に一度、てい送人が集配に訪れるだけであった。 幌加内に最初の郵便局が設置されたのは明治44年4月21日のこと。当時、郵便局は、1,2等は国の直営、3等は請…
コメント:0

続きを読むread more

添牛内開基百周年記念誌「礎」

添牛内の最初の入植は、明治44年(1911年)添牛内21線以南に、信州団体として、菊地辰三郎、今井覚次郎、杉原伝次郎、田村鉄吉、藤崎佐吉、増田逞祐、西川万太郎、竹原某、宇城某等の12戸が移住した。(幌加内村史から)入植から100年の節目に発刊された記念誌「礎」は、既にご紹介しておりますが、折を見て更に詳しく更新したいと思います。 …
コメント:0

続きを読むread more