気になる隣県 岩手!

2020.4.30-3.jpg
写真:pm2.5の影響か?少し霞んだ夕陽です。我がマンションから撮影 2020.5.5 
   写真は更新内容と全く関係ありません。

 新型コロナウィルス感染者が、全国で随一ゼロの岩手県が、流石に早く休業要請を全て解除しました。

 以下、岩手日報から引用します。
 岩手県は5日、緊急事態宣言の延長に伴う7日以降の対応を決めた。繁華街の接待を伴う飲食店などに出していた休業要請は全て解除。大型連休中に臨時休校した県立学校は再開する。

 休業要請はクラスター(感染者集団)の発生などが懸念されるとして25日から6日まで、スナックやパチンコ店、映画館、大型商業施設などを対象に実施したが、いずれも継続しない。

 県立学校は4月29日から一斉臨時休校し、部活動も禁止したが、県内で感染者が確認されていない状況などを踏まえて7日に再開する

 一方、これまで県内外に要請していた不要不急の帰省や観光など県境をまたぐ人の移動自粛は今後も継続する。

 政府が4日に決定した宣言延長は対象を全都道府県としつつ、特定警戒都道府県に含まれない本県などに対しては、感染防止と社会経済活動の維持との両立に配慮した取り組みを促した。


 続いて我が県の取り組みについて、河北新報から引用

 宮城県、休業要請を7日に解除 地域経済の疲弊を回避
 宮城県は5日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を県庁で開き、新型コロナ特措法に基づく事業者への休業要請を業種を問わず7日に解除することを決めた。県内の感染状況が小康を保つ現状を踏まえ、地域経済のこれ以上の疲弊を回避すべきと判断した。
 県立学校の臨時休校期間については、政府の緊急事態宣言の延長幅と同じ31日まで延長する。小中学校を所管する市町村教育委員会にも、同様の対応を取るよう要請する。

 朗報! コロナ治療薬、7日にも承認か!

 朝日新聞社 2020/05/05 21:16 から引用
 レムデシビル、重症患者向けに優先配分 厚労省が方針
 新型コロナウイルスの治療薬として近く承認される見通しの抗ウイルス薬レムデシビルについて、日本への供給量が少なくなる恐れがあるため、厚生労働省は当面の間、国が薬の配分を管理し、重症患者を治療する医療機関に優先的に配る方針を示した。人工呼吸器をつけているなどの重症患者らの人数をもとに配る方針で、4日付で都道府県などにその方針を通知した。
 厚労省はレムデシビルについて、国内の薬事承認の審査を簡略化できる「特例承認」の対象とした。製造する米医薬大手ギリアド・サイエンシズの日本法人から4日に承認の申請が医薬品医療機器総合機構(PMDA)に出され、7日にも承認される見通し。
 ギリアド社は、世界で14万人分(約150万回分)のレムデシビルを無償で提供することを決めており、日本でも承認後は患者への投与は無償となる見込み。今秋までには50万人分を生産するとしているが、日本への配分量はまだ決まっておらず、供給量は限定的となる可能性がある。
 このため、厚労省は、全国の各医療機関に断続的に行っている調査から、重症患者数に応じて配分量を決めることとした。
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント