旧深名線添牛内駅について

2020.4.10-2.jpg

世の中、コロナコロナで暗いご時勢の中、明るいニュースが飛び込んで来ました
 4月10日、志々見様のフェースブックから、ご紹介致します。
約3年間、この駅舎の重要性について札幌の持ち主とも相談し維持管理させて頂きました。
そしてこれからは、駅前にあるそば処霧立亭の主人が正式に持ち主となり維持管理する運びとなりました。
自分としても他の地域の自分が管理するより、地元の方が熱意を込めて保存する方が良いことですし望んでいる方向でした。
それでも以前と変りなく、主人と協力し添牛内駅を守って行こうと思います。
今後、沼牛駅までもいかないかもしれませんが、協力者を募る事も考えてますのでよろしくお願いします!
正直嬉しいです!😊


ふる里添牛内をこよなく愛する小生にとって、とっても嬉しいニュースであります。今後旧添牛内駅舎が、どの様な形で活用保存されるか楽しみですね。添牛内小中学校卒業生の皆さん、応援しようではありませんか。
志々見様、引き続きよろしくお願い致します。



写真:2020.4.10 SISIMIさま F/Bより
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

霧立亭 山本
2020年04月14日 15:13
お世話なっております。
お知らせが遅れてすみませんでした🙇‍♂️
私がもっと早く決断していれば良かったのですが、申し訳ありませんでした。
これからも存続できるように頑張りますのでよろしくお願いします。
銅 功
2020年04月15日 18:31
山本さん、コメントありがとうございます。

旧添牛内駅舎を、山本さんが所有され、保存利用されることを知り、嬉しくてなりません。

私達、添牛内小中学校卒業生が、汽車に乗って、買い物に出かけたり、通学したり、そして全国に旅立って行くとき、見送ってくれたのは、この駅舎でした。微かな記憶ですが、歓呼の声に送られて、出征兵士をお見送りしたのも、この駅舎でした。
それはそれは想い出満載の駅舎なのであります。

毎年訪れる度に、老朽化が進み心配しておりましたが、朗報を受け嬉しく、こころ強い限りです。
微力ではありますがブログを通じ、旧添牛内駅舎の保存利用への状況を発信する事で、ご協力できれば幸いです。
 
既に、保存活動に携わってきた、志々見さんありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。