積雪、北海道内記録を更新(幌加内)

幌加内の積雪324㎝ 北海道内記録を再び更新
画像


 冬型の気圧配置の影響で、道内は25日も上川や空知管内を中心に大雪となった。上川管内幌加内町の最深積雪は324センチに達し、24日に同町で観測した最深積雪の道内記録を更新した。

 札幌管区気象台によると、25日の最深積雪は、上川管内音威子府村で281センチ、留萌市幌糠(ほろぬか)で260センチ、後志管内倶知安町で212センチ、滝川市で159センチなど。

 風雪の影響で、JR留萌線や宗谷線で普通列車計3本が運休したほか各地で遅れが出た。幌加内町は24日に313センチを観測し、最深積雪の道内記録を48年ぶりに更新したばかりだった。
 2/26(月) 北海道新聞から

積雪3m13㎝ 道内の記録48年ぶり更新
 北海道内は24日午前、サハリン南部にある発達中の低気圧の影響で日本海側で雪が降り、幌加内町で積雪が道内の観測史上最高となる3メートル13を観測した。
 札幌管区気象台によると、幌加内町では24日午前1時までの2時間に12センチの積雪があり、倶知安町で1970年3月に記録した観測史上最高の3メートル12を48年ぶりに更新した。
 幌加内町では24日も20~30センチの降雪が予想されるなど、道内は25日朝まで日本海側北部を中心に大雪が見込まれている。
 2/24(土)読売新聞から


 雪害対策の「ふるさと納税」
 2月末に作成した出来事を今日になって更新するのは、甚だ恥ずかしい限りでありますが、今冬の幌加内町は尋常でない積雪量、324㎝道内記録を更新したのは、あまり嬉しくない記録。町の除雪費用は早々に底をつき、「ふるさと納税」を通じて費用捻出にあたりました。
 3月31日で雪害対策としての「ふるさと納税」は終了しましたが、今からでも遅くはありません、豪雪幌加内町に想いを馳せ「ふるさと納税」をいたしましょう。

幌加内町雪害対策「ふるさと納税」↓
https://www.furusato-tax.jp/saigai/detail/379
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック