歴史を学び・政治を読み解く

添牛内小学校 第49回生 小田健様(著) 「ロシア近現代と国際関係」 この9月「ミネルヴァ書房」から発売されました

画像


=内容説明=
長年にわたりロシアを見続けてきた元日経新聞モスクワ支局長が、ロシアの近現代史と国際関係を解説。第一部ではロシアの逸話や文化を紹介しながら、ロシア革命、ソ連の成立と崩壊、新生ロシアの誕生とプーチン政権の動向といった近現代史をたどり、第二部ではそれぞれ米国・中国・日本との国際関係を分析する。



=目次=
第1部
ロシア国家の起源から現代まで(古代国家、帝国、そして革命への道;帝国崩壊とロシア革命;大粛清と第二次世界大戦の苦難;スターリン批判と「停滞の時代」;ペレストロイカとソ連崩壊;新生ロシアの混迷と豪腕プーチン)
第2部
現代国際関係の展開(冷戦の構図;冷戦終了後の米露関係;中露関係の紆余曲折;日露関係と北方領土問題)

=著者紹介=
小田健[オダタケシ]
1949年北海道生まれ。1973年東京外国語大学ロシア語科卒業、日本経済新聞社入社後モスクワ支局長、ロンドン編集総局次長、論説委員などを経て、2012~2016年国際教養大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

=出版社内容情報=
元日経新聞モスクワ支局長の筆者が、ロシアの近現代史と国際関係史を解説する。第?部ではロシア国家成立の起源であるキエフ公国までさかのぼり、ロシアの逸話や文化も紹介しながら、ロシア革命、ソ連の成立と崩壊、新生ロシアの誕生とプーチン政権の動向といった近現代史をフォロー、さらに第?部では米国・中国・日本各国との国際関係史をたどる。ロシアをめぐる現代の国際情勢を読み解く力を養うのに最適の一冊。

出典:紀伊国屋書店HPから



画像

「現代ロシアの深層」(小田健著)2014年4月発刊 
http://02884095.at.webry.info/201207/article_6.html

小田健様グログ
★くろいあめ、あかいほしM2
http://brrsm2.blog.fc2.com/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック