年頭のご挨拶

添牛内校同窓生の皆様、明けましておめでとうございます。
こころ新たに、若さが甦るような酉年としたいと思います。(願望)
画像

 東日本大震災を期に、札幌在住のkuma-43さんと静岡在住メジロ先生とを繋ぐ、交換日記的発想から書き始めたこのブログも5年半を迎えました。
 その間、沢山の同窓生方々からコメントを頂き、思わぬ展開もありました。
 その中でも、蓮枝先生のお言葉をお借りしますと、奇跡が起きたのは、昨年9月6日、生まれ故郷添牛内で「ふる里訪問交流会」を開催できた事であります。
 当日は、添牛内コミュニティセンターの畳間に布団を並べ敷、修学旅行を思い出す様な一夜を過ごしました。
 添牛内コミュニティセンターには、会議や宴会の出来る大ホールがあり、カラオケ設備も整っています。料理を作るのに必要な立派な厨房がありますので、昔を思い出し自炊をする会合も可能な施設です。
 自治区長の小川様を始め、添牛内在住同窓生の皆様には、大変お世話になりました。
 小川様は、今後ふる里回帰に力を入れたいと話されておりますので、このコミュニティセンターを利用して、クラス会や同窓会を開催しては如何でしょうか。
 都会の様に便利さは在りませんが、昔を思い出す添牛内らしい雰囲気があります。生まれ故郷の空気は何とも緩く、懐かしいあの頃を思い出しますョ。
 もし計画をされる同窓生がいましたら、自治区長の小田様に連絡相談をして下さい。計画が実行される際には、添牛内自治区全世帯に案内を出状し、自治区全体で歓迎をしたいと話されていました。
 当ブログでも、またの機会に企画し、皆様に呼び掛けをしたいと思って居ます。その節にはご協力の程、宜しくお願い致します。

 このブログの管理者は、昨年11月後期高齢者の仲間入りをしました。本人若い気ではいますが、体力気力共それなりに衰えを感じています。意欲減退か?最近は更新の頻度も減り、細々と続けている状況にあります。
 今年も、皆様のご協力を得て、ゆっくりゆっくり歩んで行きますので、宜しくお付き合い下さいませ。

 お身体大切に、皆様にとって良き年となります様、ご祈念申し上げます。
 2017.1.1 isao-41
 
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

doraneko-28
2017年01月02日 08:43
同窓生の皆様 明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 私も昨年暮れに88歳となり、頭も体もかなり衰えがひどくなり、このブログにお邪魔するのもいつまでか心もとない状態ですが、出来るなら少しでも長くお付き合いさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
isao-41
2017年01月04日 18:29
doraneko-28さま
今年も宜しくお願い致します。

先輩にお尋ねします。
○米寿を迎えられた先輩の健康法を教えて頂けませんか。
○先輩のご年令で、パソコンを使う方は少ないですが、どの様にして覚えられましたか。
宜しくお願い致します。
doraneko-28
2017年01月05日 13:49
isao-41さま
いつもお邪魔いたします。今年もよろしくお願いいたします。
 札幌も年末を控えて50年ぶりという大雪に覆われ、苦痛を強いられましたが、新年は穏やかに迎えることができました。
 さて、私は「気が付いたらこんな年齢なっていた」というだけで、健康法など特にありません。子供のころから虚弱で病気ばかりしており、30歳代前半を過ぎてようやく社会に出たので、現在の健康が不思議です。でも、さすがに最近は体力に自信がなくなり、遠くへの旅行は控えております。
 毎年添牛内を訪問されるisao-41さまの行動力には感服しております。
 パソコンはほんの一部に触れているだけでお恥ずかしい限りです。

この記事へのトラックバック