懐かしい地図!

同窓生の皆様、この地図を見て、なにを思い浮かべますか?
画像


この地図は「イージーライダー」さまが、掲示板に書き込み頂いたものです。
懐かしい地図ですが、何時頃のものでしょうネ!

お願い! 
皆さま所蔵の添牛内に関する写真や資料等を送って頂けませんか。



「イージーライダー」さまへ「蓮枝」先生からコメントが届きました。
画像
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

カムシュペ
2016年11月28日 09:46
大曲につり橋が2つあったのは初めて知りました。大曲に半鐘もあったのですね。
doraneko-28
2016年11月28日 13:36
 珍しい地図ですね!!初めて見ました。いつごろのものかよくわかりませんが、北星会館の建築を手伝った記憶から昭和23年以降でしょうね?。
 吊橋は8号と大曲、大曲と9号をつないであってそれぞれ一度だけ往復した記憶が残っています。馬頭観音の存在感が大きいですね!
 曲がりくねった深名線が建設され、長い混合列車が煙を引いて走っていたころの添牛内の繁栄が懐かしいです。
2016年12月02日 20:13
doraneko-28さま北星会館の建設に携わったそうですが、その会館は演習林の診療所だった建物じゃないでしょうか?診療所は2階建で建物の土台の下に馬橇用のスキーをたくさん入れ4月のカタ雪の上を大勢の人々がロープで引っ張ったり押したりして運んでいたのを覚えています。引っ張るときの音が低い音でゴーっというのをおぼえています。坂を下るときは作業を中断し作戦を練り直していたようです。大きくジグザクさせ降りたようです。その後補修し、会館として使われるようになりました。夜道を通ると唄の練習をしているのがきこえました。うたは長崎物語だったときおくしています。
doraneko-28
2016年12月03日 20:34
カムシュペさま初めまして
 北星会館は演習林の診療所だったんですか!! 知りませんでした。私は出番でたった一日切り込みの手伝いをしたのですが…
 あの大きな建物を、坂道で引っ張るとはすごいですねえ!
演習林の診療所には一度、往診の先生を迎えに馬橇で行ったことがありました。
 「長崎物語」あの頃流行りましたね。懐かしいです。
2016年12月04日 08:56
doraneko-28さま
まだTVもなく楽しみは学校やお寺で上映される映画の他に会館の演芸会がありました。懐かしのボレロ、雨のオランダ坂、バラを召しませ、海のジプシーなどを聞きました。もちろんそんな唄を歌おうものなら、大目玉の時代です。でも今カラオケ・ダンスパーティでその当時の唄を歌っています。パーティーに参加しているのは高齢者が多いのです。その当時の歌を聞くと元気が出るとのことです。私ももう誰にもしかられないので安心してうたっています。考えてみると北星会館の意義は大きかったと思います。

この記事へのトラックバック