添牛内だより 2016.11.23

ブログの書き込みが遠ざかっている間に季節は進み、我がふる里は冬景色ではありませんか。
異常気象か?今年は北海道に3個も台風が上陸したり、秋が短く夏から一気に冬が来た様な気がします。
本日(23日)届いた添牛内の早朝吹雪の中の除雪の模様2枚と、「母子里クルスタルpark」の写真をご紹介致します。
画像

画像
        11/23早朝からの除雪作業  写真提供:仙丸孝司さん

画像
        写真提供:F/B「母子里クリスタルパーク」さん


アメダス朱鞠内から
11/23 18:00現在 積雪深77㎝ 気温-11.5℃ 流石に凄い!

おや!当地仙台にも、ほんのほんの少し、申し訳程度に雪が降って来ました。
昨日、タイヤの交換をしておいて良かった!

長らくご無沙汰の間、ご心配を頂き、メールや電話、ありがとうございました。
健康上の問題はありません。
多分ないと思いますが、パソコンの不正アクセス問題から発し、兎に角、やる気が起きない。
これも病気かな~!ううん!そうかも!

      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

doraneko-28
2016年11月24日 08:47
おはようございまーす。
よかった!! 久しぶりで画面が変わっていてほっとしました!。
毎日、何度か開いて見ていましたが……

今朝の札幌は寒いです!。添牛内には遠く及びませんが。
これから冬真っただ中に突入です。皆さんどうぞ健康第一に…。
isao-41
2016年11月24日 09:26
doraneko-28さま

ご心配をお掛けしまして、申し訳ありません。
過日は「雨竜館」の件で、ありがとうございました。
添牛内の盛期には、旅館が3軒あった事を知り、その繁栄ぶりを想像していました。
当地気象台、昨夜初雪を観測との発表がありましたが、今朝の仙台、全く雪は在りません。


小生この11月から後期高齢者の仲間入りをしました。
自動車免許更新に痴ほう症のテストを受けました
今回は、辛うじてセーフ、何時まで更新が出来ます事やら?何歳になったら返上しようかな~

健康が一番の財産、どうぞ皆様ご自愛くださいませ。
mie
2016年11月24日 13:38
添牛内の風景は四季それぞれ 思い入れがあって
どの季節も好きですが
好き嫌いにかかわらず冬景色が1番 添牛内らしい気がします
あの 大雪 しばれ が強烈過ぎるせいでしょうか。。。
doraneko-28
2016年11月24日 15:25
isao-41さま 後期高齢者の仲間入りですか!?
後期高齢者という響き あまり嬉しくない響きですね!
私もいつの間にか慣れて最近はあまり気になりませんが…運転免許は84歳になるとき返上しました。
決断には勇気がいりましたが、交差点などで確認が一呼吸遅れるように感じてこの辺が潮時だと思いました。
いままで無事故=今後も無事故じゃないですから。
当分は寂しかったですが、最近の高齢者事故ニュースの増加を見て、返上は正解だった感じています。

昔の添牛内の旅館の軒数ですが、私の小学生低学年のころは、駅前付近に三軒ほどあったほか、旧市街にも営業中休業中含めて四軒ほど看板を記憶していますよ。
富田馬具店の向かい辺りに恩田旅館、杉浦商店の西側並び二軒目くらいに越中屋旅館、現在木田さんのお宅がある場所に藤田旅館、添牛内橋から二軒目あたり南側に関口旅館があったように思います。
集落が急成長したのに伴って行商人などが多く訪れたのでしょうね!?。
odate
2016年11月26日 17:45
doraneko-28さま
初めまして。添牛内だよりとは関係がなくて、誠に申し訳ないのですが、私はisao-41さまに、添牛内駅前付近の「雨竜館」という旅館についてお尋ねしていたものです。
添牛内駅前付近に三軒ほどあったという旅館のうち、「阿部旅館」の2軒くらい隣に「雨竜館」とう旅館の記憶はございませんでしょうか?
doraneko-28
2016年11月27日 09:27
odateさま こんにちは。
 添牛内に縁のある方が、isao-41さまのブログを通じて逢えるのは、とても嬉しく楽しみです。

 先日、isao-41様からメールでお問い合わせがあり、見落としていて大分遅れてご返事のメールをお送りしたのですが、私は昭和10年の入学で、冬季間の通学路はお宅の前の道を通ったことになります(夏季は川向の大学演習林側)を通行。駅前辺りで旅館の看板を三軒ほど見たように記憶しているのですが、名称を記憶しているのは阿部旅館だけで申し訳ありません。
 阿部旅館の南隣には確か旅館があったように思います。お父さんが昭和11年の入学で大館輝雄さんとおっしゃるとのことでしたが、さすがに記憶が悪くて申し訳ありません。何年か上で大館花子さんというお名前を学校で聞いたような気がしますが無関係でしょうか?。
お宅の旅館の近所で猪俣さんとか、皆川さん、沼倉さんとかあったように思います。
どうも記憶が不確かで申し訳ありません。
 またお気づきのことがございましたらよろしく。
odate
2016年11月27日 19:41
doraneko-28さま
早速のコメントをありがとうございました。

父は本日札幌駅まで買い物に行っていたようで、先程やっとこのブログを見せる事が出来ました。
とっても感激しておりました。

さて、皆川さんと沼倉さんは両隣だったそうです。また買い物にはよく鎌田さんに行ったそうです。
皆川さんには同じ年頃の娘さんがいらっしゃって、よく家に遊びに来られていたようです。
大館ハナ子は父(照雄)の4歳上の姉で、昭和11年3月(3年生)に病死したそうです。

父から添牛内の話をよく聞いていたので、雨竜館の痕跡を探していたら「添牛内Web同窓会」に巡り合いました。
勇気を出してisao-41さまにメールを出してみたら、こころよいお返事をいただき、そしてまさかのハナ子までたどり着き、isao-41さまとdoraneko-28さまには唯々お礼を申し上げるばかりです。
雨竜館の名前にまではたどり着けませんでしたが、十分痕跡をたどることができました。
本当にありがとうございました。
doraneko-28
2016年11月28日 12:04
odateさま
 コメント拝見しました。あまりお役に立つ記憶がなくて申し訳ありませんでした。
 お父様お元気のご様子で何よりです。また何かお尋ねになりたいことがありましたら私の乏しい記憶の範囲でお話ししたいと存じます。

 ハナ子さん、やはりお身内だったんですね。ずいぶん早逝されたそうでご冥福をお祈りいたします。

 鎌田商店は戦前戦後を通じてかなり長く営業しておられたようです。
ちなみに私は大学演習林の6号から通学していました。

この記事へのトラックバック

  • 『雨竜館』

    Excerpt: 昭和15年頃、添牛内新市街「阿部旅館」の2軒隣に『雨竜館』と言う旅館が在りましたが、ご存知の方はいませんか? Weblog: 添牛内Web同窓会 racked: 2016-11-28 21:11