ぶらり旅「善光寺」「東山魁夷館」

牛に引かれて善光寺参り・・・。2015.11.13

画像

       ↑山門(三門)重要文化財 ↓山門から写した善光寺金堂
画像

「信州といえば善光寺」というくらい長野県の代名詞
新幹線を乗り継ぎ「ぶらり旅」 仙台~大宮~長野(2時間55分)
日本で一級の無宗派単立寺社、 山門では何故か四国八十八箇所を一度に回れる文殊菩薩を中心とした四天王像が・・・。
   善光寺HP→http://www.zenkoji.jp/keidai/

牛に引かれて善光寺参り

昔、信濃の国、小県の里に心が貧しい老婆がいました。ある日、軒下に布を干していると、どこからか牛が一頭やってきて、その角に布を引っかけて走り去ってしまいました。女はたいそう腹を立てて、

「憎たらしい。その布を盗んでどうするんだ。」

などと怒りながらその牛を追いかけていきました。ところが牛の逃げ足は早く、なかなか追いつきません。そうする内に、とうとう善光寺の金堂前まで来てしまいました。日は沈み牛はかき消すように見えなくなりました。ところが善光寺の仏さまの光明がさながら昼のように老婆を照らしました。ふと、足下に垂れていた牛の涎(よだれ)を見ると、まるで文字のように見えます。その文字をよく見てみると

うしとのみおもひはなちそこの道に
        なれをみちびくおのが心を

と書いてありました。女はたちまち菩提の心(仏様を信じて覚りを求める心)を起こして、その夜一晩善光寺如来様の前で念仏を称えながら夜を明かしました。昨日追いかけてきた布を探そうとする心はもうなく、家に帰ってこの世の無常を嘆き悲しみながら暮らしていました。たまたま近くの観音堂にお参りしたところ、あの布がお観音さんの足下にあるではないですか。こうなれば、牛に見えたものは、この観音菩薩様の化身であったのだと気づき、ますます善光寺の仏さまを信じて、めでたくも極楽往生を遂げました。そしてこのお観音さまは今、布引観音といわれています。これを世に「牛に引かれて善光寺参り」と語り継いでいるのであります。
(この説話は江戸時代後期の浮世絵師、東都錦朝楼芳虎の「牛に引かれて善光寺参り」と題する絵に添えられた文章を現代語訳したものです。)

善光寺は古来より女性の信仰の対象でありました。主人公のように信心のない女性にも、如来さまはお慈悲をかけ、導いてくださるということを説いています。阿弥陀如来さまの脇侍の観音菩薩さまが牛に化したというのは、まさに観音菩薩が阿弥陀如来さまのお使いとなって善光寺に導いたということなのでしょう。全ての衆生(生命のあるもの)を救済し極楽浄土へ導きたいというのが、阿弥陀如来さまのご誓願です。善光寺にお参りになりました折には、「南無阿弥陀仏」とお念仏をお唱えしていただき、如来さまとご縁をお結びになって下さい。
                【善光寺法話集より】

画像
             密かに御朱印を集めています。       
画像
        仁王門「定額山」 左右の仁王像がお迎えしてくれます。
画像
          ・・・ お店が並ぶ、善光寺参道 ・・・ 

   信州と云えば「おやき」でしょう!それとも信濃のソバがいいですか?
   私は野沢菜入りの「おやきが」好きです。ソバは?勿論大好きです。
画像
      
       ↓ 鐘楼 長野オリンピックの開会を告げた鐘として有名
         正午を告げる鐘の音が~ゴ~ン!ゴ~ン!~~~。
画像


善光寺から徒歩10程度のところに「長野県信濃美術館」があります。
その館内に常設されている「東山魁夷館」に足を運びました。

画像
   
 「東山魁夷館」HP  →http://www.npsam.com/exhibition/detail/bashayo
 もう一人の東山魁夷→http://www2.plala.or.jp/Donna/kaii-extra.htm

  東山魁夷展 現在の開催は『馬車よ、ゆっくり走れ ─ドイツ・オーストリア紀行』
画像



画像
         中学校の国語の教科書に使われた「春を呼ぶ丘」

 東山魁夷HP →http://www2.plala.or.jp/Donna/kaii.htm
 ウィキペディア↓
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%B1%B1%E9%AD%81%E5%A4%B7
  
画像

画像館内でVTR「東山魁夷物語」をゆっくり鑑賞 

素敵なナレーション!緩やかな時の流れ!
とても落ち着いた気持ちに! 
最高!






写真は 売店で購入したカレンダーから

 



画像
            帰り道 イチョウが綺麗!

画像
   昼食は、十割そば「大膳」で「信濃町産霧下そば」を食する。
   十割そば+季節の山菜野菜の天ぷら  旨い!
画像
   天ぷら用「抹茶塩」 天つゆも良いが抹茶塩もいい!
画像



画像
        大宮~長野間利用 北陸新幹線「はくたか553号」

      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント