添牛内音頭

同窓生の皆さん 
我がふる里に「添牛内音頭」があることをご存知でしょうか?
画像




添牛内小学校閉校記念誌「瀧」(平成12年3月出版)に紹介されている「添牛内音頭」 歌詞をみると「草津節」で歌う様です?


写真:同記念誌から「早雲内の滝」







いつ頃作られたのでしょう?戦前かな?
二、四方山々 桜も咲いた(ドッコイショ)
   乙女かわいや(コーリャ)  麻(アマ)の花よ(チョイナチョイナ)
亜麻を作付していた記憶は有りますが、乙女かわいやに対比する美しい亜麻の花って…どんな花だったかな~!思い出せませ~ん!
画像

この音頭の麻は⇒亜麻の様です。
麻と亜麻の違い!   ウィキペディアを開いて見て下さい。 【麻】 【亜麻】

亜麻の花、当別の「亜麻の里」HPで見つけました。 【亜麻の里】


皆さんご存知の「草津節」、三橋美智也さんの正調「草津節」(YouTub)を聞いてから「添牛内音頭」を口ずさんでください。 
いや~!三橋美智也さんって・・・いい声でしたね~!

      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

kuma-43
2015年05月05日 06:55
添牛内音頭は知らなかったですね。すいませんでした。
isao-41
2015年05月06日 06:11
麻の花が何故か気になります。
その昔、添牛内で麻を農作物として栽培していた実績があるので、許可を得て栽培をしては如何でしょうか?
麻で村興しをしている所があるようですが・・・?
生育地として適しているか?採算は?駄目かな~!

kuma-43
2015年05月06日 13:08
麻と言えば札幌でも戦前は作っていたようですよ。地名にも残っていますよ。札幌市北区麻布○○丁目と云って当時麻袋とか生地にしていたようでよ。40年前は自生していたと聞いた事がありましたよ。現在はすっかり住宅街になっていて昔の面影は無くなってます。
doraneko-28
2015年05月07日 06:11
isao-41さんが言われる麻は「大麻」でしょうか、それとも「亜麻」でしょうか?。kuma-43さんが言われる麻生は亜麻を生産していたところですね。
亜麻は現在当別で少し栽培しているところがあるようです。亜麻仁油などを取っているとのことですが。
小さな薄紫の花が咲き、観賞用にも道路わきに植えてあるところがあります。
戦中は添牛内あたりでも国策として大量に栽培しましたよ、そのころのは一年生だったと思いますが、近ごろのは多年生のようですね。

「大麻」も戦中少し栽培して麻縄の材料にしましたが、現在は麻薬取り締まりの対象では?。一部麻薬成分の無いものが栽培できるとかききましたが!。
花は覚えていませんが種は小鳥のえさになっていますね。草丈は2メートル以上ありましたよ。葉はいわゆる「麻の葉模様」といわれる、楓に似たような形でした。
isao-41
2015年05月07日 10:43
doraneko-28さんへ
亜麻です。
「添牛内音頭」(二)麻に(あま)とフリガナが付いていました。麻と亜麻、間違いそう!
添牛内では国策として戦時中栽培されていた…納得です。
比較的寒い地に適し、添牛内での栽培は可能(実績有)
ウィキペディアによますと、2002年に種子を食用にする目的で当別町で亜麻栽培が復活した事、栽培技術が向上し北海道独自の特用作物として評価が高まっていると記載あり。

アマ】Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E_(%E6%A4%8D%E7%89%A9)

knock44
2015年05月08日 09:11
以前ボランティアをしていた北海道開拓の村には
小さな亜麻畑があり、7月には薄紫の花が素敵で
した。細く長い茎ですが、風が吹いても強く倒れ
なく丈夫、お盆前には刈取りをして干していまし
たがその後何に使ったのか?
昔は札幌にも亜麻工場があったそうですが、亜麻
も藍も除虫菊も化学の物変わりましたね。


kuma-43
2015年05月08日 12:29
d0raneko-28さん有難うございました。大変ご参考になりました。今後ともご指導の程宜しくお願いいたします。
isao-41
2015年05月09日 11:57
knock-44さん 
薄紫の可憐な花を思いだましたよ~
亜麻色の髪の乙女・・て・・ 
薄紫色の髪色をした乙女だったのだ~!

幌加内町 亜麻の作付状況を調べてみました
大正 7年 250町歩(町≒9914.36㎡)  
大正14年  22町    
昭和10年  31町
昭和16年  90町 
昭和19年 135町
昭和20年 138町
昭和21年  59町
昭和25年  38町
昭和30年  44町
昭和17年から作付面積が急増しています
doraneko-28さんの国策栽培を裏付た資料です

戦後も小規模ですが作付があった様です
亜麻は 茎と種子に分けて出荷をしています
【資料:幌加内村史】