国道239号線全面開通1965

添牛内市街地の道路舗装に関し調べてみると、昭和40年(1965)全面開通した国道237号線(士別~苫前間)に連動して、道路拡張整備と舗装化がなされています。
画像


写真(上):開通当日 祝賀行進 杉浦商店(共販)前を通過。

写真(下):同年(1965)撮影された写真の紹介です 
       小中学校運動会から(既に紹介済)

       前回紹介の時 自分が写っている~
       写真中央に○○先生が写っている~・・とか 
       コメントを頂いたことありましたね
       

    写真2枚「添牛内開基100周年記念誌」から


画像



      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

kuma-43
2015年03月04日 07:10
当時旭川から羽幌方面へ出張する時に士別経由して添牛内から霧立峠を通って行った事を覚えております。
isao-41
2015年03月04日 09:02
kumaさん 羽幌方面に出張の話 懐かしいですね
同じ自動車会社に勤務していた当初は 部品課勤務で タイヤやエンジンオイルを羽幌・遠別方面にトラックに満載して販売に行きました (一泊二日)
士別~添牛内~霧立峠~苫前~羽幌~遠別 泊りは苫前近くの浜辺でキャンプ 夜釣りのカレイが 特別美味しかったことを 思い出しています
1962頃の話 あの時はジャリ道だったのだ~!