夏の旧市街1961

昭和36年消防第三分団30周年「秋期連合演習」の写真から・・・
画像

【添牛内開基百周年記念誌より】
添牛内旧市街を、吉岡分団長を先頭に分列行進を開始した様子です。


1/26 更新した「雪の旧市街1961」と同年・ほぼ同じ位置から撮影しています。
この写真を見て昭和36年頃は、まだ道路が砂利道だったのだ~!

それでは、添牛内市街地が舗装されたのは何時だったのか?
昭和40年、早雲内橋が永久橋に、一般道路239号線(士別~苫前間)が開通、翌41年添牛内市街地全面舗装との記述が「幌加内町史」にありました。

幌加内町内の道路舗装化を調べてみますと、幌加内市街(延長550m幅15m)が38年、政和市内(延長460m)40年、朱鞠内市内(820m)40年ですが、朱鞠内市街の場合39年の市街地大火で通過道路が1本のため南北間で、交通途絶状態になった教訓から、道道の西側山手に町道朱鞠内迂回道路線(1180m)が新設されました。  【新幌加内町史から】


消防団員行進の右側にブラスバンド隊が写っていますが・・・
この時参加した方は、コメントを~~!


      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント