校門の寄贈者について

高橋憲隆先生「閉校記念に寄せて」ご紹介の中で、旧添牛内小学校の校門寄贈者に触れましたが、書き込み内容に間違いがありましたので訂正致します。
画像

画像


正しくは高橋法隆の寄贈で、憲隆先生のお兄さんに当たります。

【高橋法隆】
天輪寺2代目(昭和31年)ご住職の傍ら、昭和31年~37年まで民生委員として、翌38年~40年までは人権擁護委員として、社会福祉の向上と人権を守ることに人力されました。(昭和40年3月死亡享年47歳)

【曹洞宗仏海山天輪寺】
大正3年、新潟県の転輪寺衆徒「高橋瀬人」が添牛内5線市街地(政和)に入植、布教所(天輪寺前身)を設立した。
昭和3年に開拓費助成金を受けて34坪の本堂を建立。
この頃添牛内方面にも信徒が増え、説教場を開いた時期があった。

高橋法隆氏が添牛内説教場に居た当時、校門を寄贈されたと推測します。。
その説教場、増田さん近くにあった様な気がしますが、doreneko-28さん如何でしょうか?

【参考資料:幌加内町史から引用】



寒さ厳しくなって参りました。
皆さま、御身大切に!
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

doraneko-28
2014年12月03日 09:29
isao-41さんおはようございます。

高橋憲隆先生の実家のお寺、増田さん宅の並びで数十メートルほど奥にあったように記憶しています。農協近くの道路から見えましたね。
私は実家が真宗を信仰していましたのでお付き合いはありませんでしたが、俗に禅寺と呼んでいました。
4月8日の花祭りには、お釈迦様の象を引いた行列が禅寺から出発して、浄念寺に寄り、泰円澄さんの寺まで行ったように思います。
稚児行列には、普段垢だらけの農家の女の子も、綺麗にお化粧し着飾って歩いていましたよ。
「♪昔も昔三千年 花咲き匂う春八日…」という歌声が耳に残っているような気がします。
isao-41
2014年12月04日 20:58
doraneko-さん、ありがとう御座います。

私は小1の5月まで、農協前に住んで居ましたので、うっすらとですが、お花祭りの幼稚行列に加わった記憶があります。
甘茶が美味しかった!歌は思い出せません?
doraneko-さんの記憶は凄いと思います。
isao-41
2014年12月04日 21:10
doraneko-さんの耳に残っている、お花祭りの歌は、「花祭り行進曲」の様です。