琴似発寒川ヤマメ放流(動画)

doraneko-28さんから届いた新作YouTube「琴似発寒川ヤマメ放流」を、ご紹介致します。
画像


説明
札幌市西区を流れる琴似発寒川では、今年もヤマメ(北海道方言ではヤマベ)の放流が行­われました。
当日は肌寒い天気でしたが、大勢の地域住民が親子で訪れ、6会場で2万9千尾の稚魚が­放流されました。(2014.5.27up)




画像

【ヤマメ】(ウィキペディア)
 ヤマメ(学名:Oncorhynchus masou、山女魚、山女)は、サケ目サケ科に属する魚であるサクラマスのうち、降海せずに、一生を河川で過ごす河川残留型(陸封型)の個体のこと。北海道から九州までの川の上流などの冷水域に生息する。
 ヤマメは、北海道、東北地方の一部では「ヤマベ」とも呼ばれる。また、九州の一部の地域(福岡県、熊本県、大分県など)ではヤマメとアマゴを総称して「エノハ」とも言う。
 2年魚でも全長は20cm程にしかならないが、ダム湖などに下り再び遡上してくるものは40cmに達するものもいる。
 秋期に河川上流域のおもに本流の砂礫質の河川に産卵床を形成し1腹200粒ほどの産卵をするので、保護を目的として漁協や県などの自治体などが管理する河川では10月から4月頃までが禁漁期間となっている。
 新潟県での回帰率は、0.03%と推定されている。

      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック