そば打ち甲子園 幌加内高2連覇

「全国高校生そば打ち選手権大会」が4月2日(水)東京ビッグサイトで開かれました。
画像

 授業やクラブ活動でそば打ちの腕を磨く高校生が、日頃の技を競う「全国高校生そば打ち選手権大会」の第4回大会が2日、東京都江東区の東京ビックサイトで開かれた。団体の部で優勝したのはソバ産地、北海道幌加内町の幌加内高校で、2連覇を果たした。
 日本麺類業団体連合会が主催した。大会は麺業界の見本市「2014麺産業展」に合わせて開き、農業や食品を学ぶ高校を中心に全国から13校が参加した。
 審査は、北海道旭川市江丹別産のそば粉に小麦粉を2割加えた粉1㌔を使い、40分間で粉に水をまぜるところから、麺を切りそろえるまでの技術や作法を厳しくチェック。4人で作業を分担する団体戦と、個人戦を行った。
 優勝した幌加内高校は、そば打ちが「必修科目」で安定した実力を発揮した。準優勝は利根実業校(群馬県沼田市)3位は新得高(北海道新得町)が受賞した。
 個人の部で優勝したのは、利根実業高の永井志歩さん。準優勝は幌加内高の渡辺美紅さん。3位は利根実業高の柳沢結花さんがそれぞれ選ばれた。 
 
 (日本農業新聞 提供:守田町長FBから)

 
「そば打ち選手権大会」の模様が、動画でUPされています。
開会式
http://www.ustream.tv/recorded/45655973
団体戦
http://www.ustream.tv/recorded/45661363
閉会式
http://www.ustream.tv/recorded/45662968
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック