町章(幌加内町)と町の花・木・鳥

我がふる里、幌加内町の『町章』と『町の花・木・鳥』について、ご紹介します。
画像


・・・町章について・・・
1.町の名「ホ・ロ・カ・ナ・イ」を図案化したものです。
2.全体の円形は町内の一円融和を現しています。
3.3つの棒線は、天・地・人の融和を現しています。
4.大円と小円との間の空間は、雨竜川、朱鞠内湖を現し、
  灌漑、水源開発並びに観光事業の重要性を現しています。
5.3つの小円は、政治、経済、教育の三位一体を意味しています。
6.小円内の3つの扇形は、山林、農耕牧地並びに鉱山を現し、
  本町総合開発に伴う農林鉱を主体とし、牧畜、商工、
  その他の諸産業発展の末広がりを意味しています。


画像
町の花 カタクリ
自然を愛し、花を愛する心を育み、未来へ躍進する幌加内町への郷土愛の象徴として、平成9年に制定されました。

画像




町の木ナナカマド
風雪に耐え、自然を克服した先人の開拓魂を誇りとし、限りなく繁栄する幌加内町の発展の象徴として、昭和53年に制定されました。
画像





町の鳥 アカゲラ

厳しくとも豊かな自然と共生しながら、限りなく発展する幌加内町の永久平和の象徴として、平成9年に制定されました。

      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック