『厳寒清流さらし蕎麦』

平成26年3月5日『厳寒清流さらし蕎麦』作業風景をご紹介します。【幌加内手打ち蕎麦店経営研究会(蕎営研)】(幌加内町添牛内 早雲内川にて)
画像
画像
画像


 今年も早雲内川は冷たく、さすがに幌加内の厳寒にも負けない手袋をしていても、手がかじかんできました(>人<;)

 行政、商工、農業との連携によって作られる『厳寒清流さらし蕎麦』は、北海道でも指折りの厳しい冬を活用して蕎麦を熟成させ、劣化を最小限に抑えることができる製法です。

 さらに元来甘さが強い、希少な品種の『ほろみのり』を使用しているので、さらなる甘味と旨味を作り出してくれます!

 本州のように天日には干せませんが、農商工連携ならではの各分野の専門家達で最高の『厳寒清流さらし蕎麦」を完成させていきます。

 今年も皆様に、最高の厳寒清流さらし蕎麦をご提供できるように行政の皆様、農家の皆様と協力して取り組んでまいりますので、ぜひ、ご期待下さい!【蕎営研】


 
 2月26日(水)
 厳寒清流さらしそばの袋詰め作業を行いました。
画像

画像


 その後、幌加内神社にて幌加内の氏神様に安全祈願、成功祈願をしてまいりました。
 お陰様で無事に作業を終えることが出来ました。【蕎営研】
画像


画像
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

kuma-43
2014年03月08日 05:14
今年も「清流晒しそば」は幌加内の名物になりましたね。地元の人たちのご活躍は誇りに思います。isaoさんお会い出来る事を楽しみにしております。
isao-41
2014年03月08日 06:06
kumaさん、相変わらず早起きですね!
北海道、大荒れの天気と報道されていますが、如何ですか?
kuma-43
2014年03月09日 06:33
習慣なんですかね。五時には起きていますよ。毎朝ブログを開くことが楽しみなんですよ。北海道は地域によっては大荒れですが札幌は例年の冬らしいですよ。冬将軍がもう少し帰りたくないと駄々をこねているようです、せいぜい4月中旬までの命でしょうけれどね。

この記事へのトラックバック

  • 「『厳寒清流さらし蕎麦』」について

    Excerpt: 「『厳寒清流さらし蕎麦』」について NHKさんが取材に来ていて、6日(木)18:45から放映された様ですが? ブログUPが遅くなり残念! Weblog: 添牛内Web同窓会 racked: 2014-03-08 05:31