浸した玄そばの引き上げ作業

早雲内川に浸した玄そばの引き上げ作業風景です。(蕎営研)さんのFBから
画像
画像


3月19日(水)無事に引き揚げました!

浸した場所は雪融けが早く、ほぼ川幅くらいは溶けていましたが、水流はまだ多くなかったので安全に作業ができてよかったです!

現在は政和の旧政和小学校にて乾燥中です。関係者の皆様の協力のもと、毎日の循環作業をしております。気温や湿度に影響を受けて急激な乾燥になる場合もあるので、一番気を使う作業です。現状は順調です!

天候にもよりますが、このまま順調にいけば今週中には乾燥工程は完了いたします。 (蕎営研2014.3.24)


3月5日(水)早雲内川に浸した玄そばを、3月19日(水)に引き上げています。
早雲内川の冷たい水に浸して2週間、玄そばにどの様な変化があったのでしょうか?
その後の乾燥(寒に晒す)に、一手間も二手間も掛け「厳寒清流さらし蕎麦」が出来るのです。
発売期間の情報が入り次第連絡しま~す。 (isao-41)

昨年は北海道新聞旭川支社が取材に来ていました。
その模様は・・・http://02884095.at.webry.info/201303/article_3.html


ご紹介が遅くなりましたが、3月5日(水)NHK旭川局が、蕎営研の寒晒し作業を取材に来ました。既に放映済み。
画像

画像


3月5日(水)浸す作業の際に取材に来て頂きましたNHKの方々の様子です。

なんとカメラマンの方は写真のように、防水のハンディーカムをもったまま浸水・・・

作業をしながら見ている私達の方が、ヒャ~~~ って感じでした。

リポーターの方やアシスタントの方々も、寒い中の取材で体張ってお仕事されているなぁ~と熱意を感じておりましたが、カメラマンさんの行動には魂を感じました!

記憶違いなら申し訳ないのですが、たぶん、水中の映像は放送に使われてなかったような気がします・・・ むむむっ 厳しい世界です・・・

NHK旭川放送局のスタッフの皆様、極寒の地まで足を運んで頂き、取材をして頂きましたことに深く感謝し、御礼を申し上げます。 スタッフの皆様、リポーターの清水さん、懲りずにまた、ご来町くださいw 今度はゆっくりと幌加内の蕎麦を食べにいらして下さいませ♪ (蕎営研2014.3.16)

NHK旭川放送局 | アナウンサー・キャスター | 清水 明香さん
http://www.nhk.or.jp/asahikawa/caster/caster-02.html
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック