『思い出を語る』(座談会)その3(最終)

『思い出を語る』(座談会)その3
戦後食糧難の時代、食事も粗末なものであったな~!いもご飯、いなきびご飯、ノミ、シラミ、回虫、脱脂粉乳、農繁休、お祭り・・・いやいや懐かしいお話ですね!
座談会出席者は、その1と同じです。

画像



・・・農繁期の時・・・

木原 当時は、どこの家でも、家庭経済が厳しかったものですね。子供は、早起きして、家の手伝いをしたものです。

今井 忙しくなると、遊んでいる子供はいなかった。学校でも農繁休みがあった。子供は一生懸命に手伝ったものですね。又、非農家の子供も農家に出面に行ったものです。

今井 学校にも畑があって、とうきび、いもなど作っていたものです。

木田 いもを植えたり、えんばくを落としている写真がありますよ。

今井み 現在も学校には、教材園の中で作物の成長を学習する等して、作っていますよ。

矢篦原 当時は、澱粉工場があっち、こっちにあったと思います。

木原 結構、澱粉工場があったね。

今井み 工場が盛んだった頃は、数多くの人が来て、一時的に人口が増えて、にぎやかになったと聞いています。

今井 秋になると、“いも堀り”さんが苫前あたりから家族ずれで出稼ぎに来ていました。北星の合理化工場は江田さんの所にありました。

松山 三橋の砂利工場の場所には、添牛内澱粉工場があった。


・・・給食・・・


木原 学校給食はなかったですか。

木田 学校給食は、昭和32年頃と記憶していますよ。

今井 白いご飯はなかったですね。いもや、いなきびは上等でなかったか。

木原 「いもだんご」があったね。

木田 「いもだんご」冷えると固くなった。とろろこぶ隠し、弁当に持っていったものです。

松山 私の頃は、チーズ、肝油があった。

矢篦原 小学校の頃、肝油を貰った覚えがある。

今井み 私達は、完全給食でした。

木田 いなきびご飯、いもご飯、豆ご飯が多かった。テレビの「おしん」のご飯は、普通で、珍しいものではないですよ。

今井 始めの頃、給食の中に脱脂粉乳があった。女の子が飲みたがらないので、それを貰って飲み、お腹を壊したことがあった。

木田 そのため、今もって、腹がわるいんですね。(笑)


司会 特に印象に残るようなことをお話し下さい。


・・・蛔虫としらみ・・・


木田 当時、しらみが湧いていて、ひどかったね。誰でもいたね。

木原 頭髪から、下着についた。よく退治したものです。

松山 ノミもいたね。上手く捕まえるのに苦労した。

矢篦原 蚊が睡眠中、耳元でブーンとやられると眠れなたった。壁にとまっているのをつぶすと、赤い血が指についた。

今井 テレビもない頃だったし、退治するので子供は、退屈しなかったかな。(笑)

木原 野生の動物みたいに人間についていましたね。

木田 昭和22年頃、アメリカからDDTが入り、いなくなった。

今井 蛔虫もいましたね。学校からサントニンを貰った記憶があります。

浦辻 飲んだ後、次の日学校へ持って行って、便を検査して貰った。

木田 長い虫が口から出たことがありますよ。私の姉は、洗面器にいっぱい虫が出て、医者は駄目だと言ったことがあった。それから蛔虫を想い出すと、うどんが食べられなかった。(笑)


・・・盆踊り・お祭り・・・ 


木原 お盆には、踊りが盛んだった。櫓を組んで、農協前、学校前グランド、新富でも盛んだったね。大曲でも短期間だったがありましたね。

今井 人が沢山出て、にぎやかに、張り切って帰ったね。

今井み お祭りや、お盆には、よそから帰って来て、人数も多くなりましたね。

木田 出店の出た、神社境内では、角力大会があったよ。

木原 角力大会には、三人抜き、五人抜きがあった。

今井 昔は、カルタ(百人一首)とりも流行って、夜明かしたものです。



・・・小遣い・・・

木田 小遣いは自分で働いて、親から貰ったことはないように思う。お金は、お正月とお祭りぐらいか必要なかったですね。

木原 私の頃は、25円から50円位だったかな?地下たびを履いて、通学した頃ですからね。


司会 想い出話しに花を咲かせて頂きありがとうございました。この辺で、座談会は終わらせて頂きます。



添牛内中学校閉校記念誌「早雲内の滝」昭和59年3月(1984年)発行から紹介しました。

      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

kuma-43
2013年12月13日 07:38
懐かしく思い出しております。給食は脱脂粉乳でしたね、金のコップ持参して飲みました。検便はマッチ箱に入れて持って行ったこと、肝油の事、援農のおやつが芋団子の美味しかった事、本当に懐かしく思い出しますね。

この記事へのトラックバック