二宮尊徳像の建立は・・・

生徒を優しく見守ってくれた あの二宮尊徳先生像について・・・投稿はdoraneko-28さんです。
画像
画像

紀元2600年記念 寄贈者:滝谷栄吉 山崎久太郎 
昭和40年8月 再建
平成11年9月 改修
撮影:平成25年9月


takki-48撮影の写真から 

添牛内校跡の二宮尊徳像最初の建立時期が 

昭和15年と確認できました。

(紀元2600年=西暦1940年=昭和15年)



画像

「一家仁 一國興仁 一家讓 一國興讓 一人貪戻 一國作亂 其機如此]


尊徳像の手に持つ本の文字を初めてみました・・・

しかし 残念ながら私には読み方がわかりません。

どなたか教えていただけませんか?。doraneko-28
  




miyo-48さんの回答が ベストアンサー となりました(2013.11.3)

一家仁 一国興仁  (いっかじんなれば いっこくじんにおこり) 長を務める人に思いやりがあれば 国中に思いやりができる。
一家譲 一国興譲  (いっかじょうなれば いっこくじょうにおこり) 長を務める人に譲り合う気持ちがあれば 国中に譲り合う心が起こる)  
一人貧戻 一国作乱 其機如此   (いちにんたんれいなれば いっこくらんをなす  そのきかくのごとし) 一人でも心貧しい人が居れば国中が乱れてしまう 又こんな風に解してる方もいらっしゃいます。  
一家(家族?)が思いやりの心を持てば、国全体にも思いやりの心が興り、  一家が譲り合う気持ちを持てば、国全体も同じようになる。  
一家が貧欲になれば、その国は乱れることになる。…と言う意味でしょうか?
  
これは、儒教の経典『大学』の一節だそうです。
以上ネットで調べてみました。私も大変勉強になりました。





旧添牛内小中学校敷地内にある 
二宮尊徳像 
後方から撮った写真は 珍しいと思います
他に公開されている写真
今までに見たことありませんが?
isao-41
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

miyo-
2013年11月03日 13:25
一家仁 一国興仁
 (いっかじんなれば いっこくじんにおこり)
長を務める人に思いやりがあれば 国中に思いやりができる。

一家譲 一国興譲
 (いっかじょうなれば いっこくじょうにおこり)
長を務める人に譲り合う気持ちがあれば 国中に譲り合う心が起こる)

 一人貧戻 一国作乱 其機如此
  (いちにんたんれいなれば いっこくらんをなす 
   そのきかくのごとし)
一人でも心貧しい人が居れば国中が乱れてしまう

又こんな風に解してる方もいらっしゃいます。
 一家(家族?)が思いやりの心を持てば、国全体にも思いやりの心が興り、
 一家が譲り合う気持ちを持てば、国全体も同じようになる。
 一家が貧欲になれば、その国は乱れることになる。…と言う意味でしょうか?

  これは、儒教の経典『大学』の一節だそうです。

以上ネットで調べてみました。私も大変勉強になりました。
mie
2013年11月03日 14:00
miyo-ちゃん すごい!
ちゃんと調べたんだね
それにしても手に持つ本の文字
初めて見た
また 添牛内行きたくなった・・・ 
isao-41
2013年11月03日 14:05
miyo-さん 流石 完璧です
doraneko-28さん ベストアンサーにしたいのですが
如何でしょうか? 
miyo-ー48
2013年11月03日 14:37
doranek-28さんへ
 ネットで検索していましたら、
<いっしょくんの日記>2002年10月07日(月) 学習参観   という投稿で先程の読み方、解釈のしかたを見つけました。その他心に残った個所を少し抜粋させて頂きました。悟りの心境です。

 小学校の自由学習参観で「尊徳学習」と名前のついた娘さんの授業で外部から講師の先生をお呼びしてお話を伺ったものらしいです。

 まごころを常に忘れずに・・・至誠
 多くを持つものは持たないものに分ける・・分度
 蓄えておいたのを人に差し出す・・・推譲
 人のために働く・・・勤労 
金次郎さんはこんな話をして人々を教育して行ったようです。素晴らしい指導者だったのですね。
それでも人の裏切りやねたみに潰されて断食修行などして自分を取り戻したそうです。

 人や物には良いところ 役割(徳)があり
 それを十分に生かすようにする(報いる)・・報徳
 というのだそうです。

     指導者

   良い指導者に恵まれ

   自分が豊かになり

   隣人が豊かになり

   村が豊かになる

   一人のもたらす能力が

   大きく世の中を変える

   私がそんな人物と今出逢ったら

   どういう影響を受けて

   どう変わり

   どんな人生を送るだろう

 読み終えて、秋の空を見上げながら… 心に染み入る言葉に出会えたことに一人しみじみ想いにふけっています
 doraneko-28さんこんな機会を与えてくれた事に感謝します。

   
miyo-ー48
2013年11月03日 14:44
 二回目の投稿を一生懸命書き込んでいるうちに
mieちゃん、isaoさんからコメント頂き あまりの反響の速さにびっくりしましたよ。でも褒めてくれてありがとう
isao-41
2013年11月03日 14:52
miyoさん 凄いな~
ネット検索も早いが 感受性が抜群!

読み終えて 秋の空を見上げながら… 
心に染み入る言葉に出会えたことに
一人しみじみ想いにふけっています・・ですって
まいたな~
doraneko-28
2013年11月03日 19:29
miyo-48さん、mie さん、isao-さん、さっそくコメントいただきましてありがとうございます。84年間生きて、ただ漠然と、勤勉を強調され教えられ記憶してきた尊徳像について、今更ながら深く意識することになりました。ありがとうございます。まさにべストアンサーです。
takki-48
2013年11月03日 20:47
私も初めて見た一人ですが、この板が無ければ只見たで
終わるところでした。
miyoさんのコメントで理解できました、
この本(大学)を読んで金次郎は尊徳先生に成ったので
すね、隣国の指導者、勿論日本の指導者も読んで真にと
‘‘‘‘思います。
因みに尊徳像takamaru515さんのメンテにも雪害による
アクシデントで落ちてしまい、それで見る事ができた
なんとも‘‘です。

この写真、本と持つ左手一体型を支えているのは
miyoさんです脇に指2本の出演ですが、
見た目より重かったです。

この記事へのトラックバック

  • 添牛内にて②

    Excerpt: 二宮尊徳像の現状について・・・ Weblog: 添牛内Web同窓会 racked: 2014-09-12 04:30