北大演習林②

平成24年11月11日 更新しました「北海道大学農学部付属雨竜地方演習林派出所及び諸施設設備」について(幌加内村史抜粋)・・・更に詳しく、幌加内村史・幌加内町史・新幌加内町史の関連資料から、ご紹介します。
画像

       写真:添牛内自治区開基百周年記念誌から

大正7年12月15日に大学8号植民地(添牛内駅より約2km)に雨竜演習林派出所を設置した。
この他に演習林内の4号植民地、三股、母子里の3箇所に看守所を置き、学生の実習施設として母子里に製材工場、教官及び学生の寄宿所を設けている。(当時は、北海道帝国大学農学部)
この製材工場は官行伐採を山元で製材する作業によて、学生の実習や試験研究に提供し、あわせて庁用材の自給と実験自習に支障のない範囲で、現地住民の自家用材の製材に応じている。
事務所は1976年(昭和44年)閉鎖。(幌加内村史抜粋)
 

画像

画像

画像

画像


参考資料
幌加内村史   昭和33年11月 1日発行 
幌加内町史   昭和46年 9月 1日発行
新幌加内町史  平成20年 3月31日発行
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック