黒いそば(音威子府)

 黒いそばと言えば「音威子府そば」!【かみかわ「食と旅」/北海道上川総合振興局】さんのFBからご紹介します。
画像


【大雪・天塩そば街道の旅】
音威子府村にある「一路食堂」さんをご紹介します。
旭川方面から国道40号線を北上し、音威子府村中心地へ入る手前左側に、このお店があります。

「音威子府そば」は、いまや全国的にも有名で、なんといっても麺が黒く、太めでもコシが強く、独特の風味と香りのあることが特徴です。
「音威子府そば」は、これまでもいろいろなメディアで取り上げられており、お店の中には、昭和48年にNHKで取材された当時の白黒写真が飾られています。
今から遡ること40年前、当時はグルメなんて言葉は使われていなかったでしょうね。                 

今回、「もりそば」(写真)を注文しましたが、人気の「かもそば」など、これ以外にもいろいろなメニューが取り揃えられています。
ぜひ一度足を運んでみてください!

◆一路食堂(中川郡音威子府村492-2) 
【℡】01656-5-3880
【営業時間】11:45〜19:00
【定休日】お店のHP等でご確認をhttp://kuroisoba.com/

画像


昭和44年1月から約2年間と昭和59年4月から2年間の2回、稚内市に仕事の関係で住んでいた事があります。
旭川に出張の帰りは、必ずと言っていいほど「一路食道」さんにお邪魔しました。

見た目も味も一味違うお蕎麦で、始めは驚きましたが兎に角癖になる美味しさ間違いなし!
本州に渡って28年、その間2回、この懐かしい「黒いそば」に逢いに行きましたョ。

間もなくふる里に帰りますが、今回の日程では無理、あと1日余裕があると音威子府まで足を延ばせるかな~?
(isao-doh)
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

kuma
2013年09月05日 16:05
黒いそばも懐かしいですね。出張の折は良く休憩地として寄ったものです。下川にも老夫婦経営美味しい蕎麦屋さんがあり良く寄りました。「時間が無いので早くしてもらえるかい?」お願いすると「そばは早くは出来ないよ」怒られた事を思い出しました

この記事へのトラックバック