「幻の魚」イトウ

日本では北海道にのみ棲息する「幻の魚」イトウ。いま朱鞠内湖で、釣りの魅力と保護に力を入れています。

画像


【北海道Likereさんのフェースブックから】
日本最大の淡水魚であり、河川の生態系では頂点に君臨する「川の王者」です。春の産卵期を終え、6月は体力回復のためにイトヨなどの小魚をたくさん捕食する時期。イトヨを襲う瞬間を捉えた写真などで、猛々しいイトウの生態に迫ります!
http://eng.mg/7b89b

【幌加内観光協会さんのフェースブックから】
幌加内町にある朱鞠内湖にも生息している「イトウ」の記事が紹介されていましたので、シェア - - - - -。
記事の中にもあるようにイトウは絶滅が危惧される個体数の少ない魚です。
こんなにも人を引きつける魅力的な魚なのに、このまま個体数が減り続ければ、釣りをして楽しむことさえできなくなってしまいます。
朱鞠内湖では、釣りの魅力と保護を両立させる方法で、イトウを大切にし、増やしていきたいとNPO法人のメンバーを中心に保護活動を行っています!

【朱鞠内湖さんのHPから】
幻の魚「イトウ」、ヒレピンのサクラマス、アメマス。原生の自然の魅力を伝える風景と静寂の中、メーターオーバーのイトウを夢見て竿を振ってみませんか。-41,2℃の日本最低気温を記録した湖で冬はワカサギ釣りに挑んでみませんか。
朱鞠内湖淡水漁業協同組合では、朱鞠内湖の環境を維持する為、環境や資源を維持するため様々な取り組みを行っております。
http://syumari.com/

クロスS1で朱鞠内湖のイトウ(2013.5.31)
【アンダーハンド釣り紀行さんHP】をご紹介します。
画像

イトウ釣りの醍醐味が伝わって来ます。是非ホームページにすすんで下さい。
https://www.tiemco.co.jp/blog/fly/fly-blog/uhdiary/2013/05/20091

You Tubeで、ファイトシーンが見れます。
http://www.youtube.com/watch?v=nlWiWNrFIgk
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

daiki
2014年02月24日 21:19
こんにちは。楽しく読ませてもらいました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
管理人
2014年02月25日 04:13
daikiさま
ご訪問頂き ありがとうございます。
オジンの書く拙いグログですが 宜しくね!
daikiさまは 添牛内(幌加内町)に ご縁のある方でしょうか?  

この記事へのトラックバック