北国の春(札幌・さくら開花)

5月13日(月)札幌から桜開花の便り、北海道はこれからが春本番、良い季節を迎えますね。
画像

この写真は、旧深名線、添牛内~共栄間で撮影されたものです。
残雪の山、何とも懐かしい!小学生時代住んで居た大曲から見てた山並みだ!
写真:ebitks-photo.net「深名線四季帳」から
画像
【カタクリの花】この写真は「広報ほろかない」から頂きました。
こんなに群生している「カタクリのお花畑」幌加内町に有るのですね!
小さい頃、カタクリの葉をおしたしにして食べた記憶がある、今となっては贅沢な事よ!

「片栗粉」
本当は春先に薄紫色の花を付けるユリ科のカタクリの鱗茎から作られたものをいい、現在片栗粉と称しているものはすべて馬鈴薯澱粉であり、片栗粉の名称だけがそのまま商品名としても使用されている。
このことを知る人は知っているし、知らなくても何も支障はない。スーパーでは細長い紙袋に収まった馬鈴薯澱粉由来の〝片栗粉〟がその素性も明記して販売されていて、各家庭にも大抵は常備されているはずである。
だだ、山菜としても知られていたカタクリを食べたり、本物の片栗粉を見たことがある人は多くないのでは?
【廣野 郁夫氏のブログより】
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

kuma
2013年05月14日 07:12
懐かしい山並みですね、この山は添牛内の官舎の窓からも見えましたよ、この山が曇ってきたら雨が降るとか聞いたことがありますよ。この山を越えると日本海とか色々聴いた事があります。カタクリの話も懐かしく思いました。深名線もとても懐かしいですね。子供の頃学校の裏側を通っておりましたからね。線路の石が出て見えて来ると添牛内にも春が来たと感じたものです。
isao-doh
2013年05月15日 05:37
kumaさんの住んでいた官舎は、北星地区の小高い所にありましたので、西・北方面の山々は綺麗に見えたと思います。
小生、中1の時に旧市街(高田呉服店まえ)に引っ越し、三頭山方角は良く見えましたが、神社の山等の陰になり北の方角の山々は見えなくなりました。
次は、深名線添牛内~政和間の更新を予定。

この記事へのトラックバック