春のあしおと!

散歩の途中で見かけた、咲き始めの「蝋梅」(ろうばい)です。この花が咲くと、もうすぐ春が来るよ!
添牛内では見かけなかった花ですネ。
画像


たまには、小生の日常生活に触れてみたいと思います。
古希を過ぎ、足腰が弱くなって来たことと、糖尿病限界域と医者から言われ、週2~3回1時間半の散歩に出かけるのが、ここのところ習慣化してきました。
自宅マンションを出て西に向かい、NHK・県庁から仙台市の中心部を通過、仙台駅西口から東口に抜け帰宅する、約7㌔のコース、その間、喫茶店や軽食店に寄ることも度々、今日は家内と一緒で、朝昼兼用の食事、韓国食道にて済ませた。美味しかった!
もう少し暖かくなると、1㌔程離れた榴ヶ岡公園の周回コースを回り、持参したおにぎりとコーヒーでピクニック気分を味あうこともある。

【ウィキペディアより】
ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅、Chimonanthus praecox)は、ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木。1月から2月にかけて黄色い花を付ける落葉広葉低木である。花の香りは強い。名前に梅がついているためバラ科サクラ属と誤解されやすいが、別属である。

唐の国から来たこともあり唐梅とも呼ばれ、中国名も蝋梅であったことにちなむ。本草綱目によれば、花弁が蝋のような色であり、且つ臘月(ろうげつ、旧暦12月)に咲くからこの名がついた。

花やつぼみから抽出した蝋梅油(ろうばいゆ)を薬として使用する。
      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック