キアゲハ蝶の飼育観察記録(1)

添牛内のファーブル博士こと、大友 要さんから届いた、キアゲハ蝶の飼育観察記録(1)「キアゲハ蝶の卵」の写真をご紹介いたします。
画像


画像

5月末から6月初めにかけて、成虫がひらひらと舞いながら庭の「三つ葉」に卵を産み付けに来ます。
日差しの良い日でないと現れませんが、三つ葉の周りを注視すると、真珠のような白い卵が産み付けられてます。
写真はその時に写したものです。・・・分かりますか?・・・
画像

  ・・・卵の部分を拡大しました・・・分かりますよ!真珠みたい!・・・

三つ葉の葉一枚に一個しか産み付けません。
この葉で幼虫になっていくのです。
粘着が強くて風雨にも十分耐えられます。
数日で黄色に変わり、更に黒くなっていきます。

キアゲハの食べ物はせり科の植物です。
私の家の周りにはキアゲハの為に三つ葉を株にして植えてます。
もう、10年近く飼育を続けてますが春と秋には必ず現れます。
秋用にはニンジンも植えてます。
秋にはニンジン葉にも産み付けます。

本州ではみかんの葉とか山椒の木などで知られてます。

・・・次回は青虫になってく過程を送ります・・・  7/18 大友

      添牛内小学校「教育目標」 ●じょうぶな子 ●よく考える子 ●心の豊かな子 ●よく働く子

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック